2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 借入の返済を急ぎ過ぎない

借入の返済を急ぎ過ぎない

2013年6月3日号

私がご相談をいただく中小企業では、
よくある経緯・状況として・・

1.バブル経済後の不況、リーマンショック等で売上が減少
2.借入は売上同様に減らせず、多額が残ってしまっている
3.返済条件の変更をしている・していないはともかく
多すぎる借入は将来的に何とか返済したい
お金を貸してくれた金融機関に失礼はしたくない

という社長が多いものです。

借りたお金は返すべきなのは当然のことで、その努力をすることも
当たり前のことです。

しかし、
・自分の通常の生活資金までも切り詰めて返済する
・会社が行うべき設備投資資金を残さずに返済する
ことは考えもの・・

会社が存続していくためには、「健康体」であればこそ
利益を出す努力も存分にできるということを忘れてはなりません。

会社が存続する前提と、清算する前提で返済しなくてはいけない金額は違う

極端な例として、日本という国を考えてみましょう。

今日、日本は1,000兆円を超える借金を抱えていると言われています。
これが過剰か、問題ないかは諸説あり、ここでは触れませんが
仮に、日本という国家を明日解体、清算するということになれば
この借金は基本的に全額返済することができます。

日本には債権も大量にあるためです。

しかし、日本がこれからも存続し続けるとした場合、
1,000兆円の借金を数年~数十年で完済することは可能でしょうか?

不可能です、できっこありません。

企業と同様、国家だって
続けていくためには必須な資産や、先に支払いをして用意するべきモノ、
固定的に必要な人件費が存在するのですから、
はい返済、というわけにはいかないのです。

日本が存続する以上は、一定の借入は必要不可欠、ということ。

真面目な社長と、過大な返済金額

特にリスケジュールをしている会社の場合に顕著ですが
社長が金融機関に対して、リスケジュールをしている事実を
申し訳ないと、真面目に、真摯に思うあまりに

「一刻も早く返済をしたい」

として、過剰に返済を行う結果
現預金が増えない・むしろ減少が続いているという状況になって
長期的には資金ショートに向かい続けているだけ、という
事態を招いていることがあります。

但し、これは金融機関を責めることはできません。
金融機関は、一度貸したお金は返してもらうことが仕事であり、
役目であるため、「理論上、返済可能と思われる最大の金額」
を企業に求めてしまうもの。

そうでない、ということは企業側から金融機関に説明し、
理解を求めるべきものです。

長期的には会社の存続は利益の改善と確保によってなされます。
そのために、短期的には現預金を確保するため、
今出せる利益をどこに配分するのか、その適正さの判断と
説明が、社長に必要なのであって
過剰にご自分の身を犠牲にして無理をしても、長くは続きません。

会社が健康体で利益を適正に排出できるようになれば
返済だって長期的にはむしろ大きな金額ができるようになります。
そうなれば、結果として金融機関にとってもメリットがあるのですから
足元の返済金額だけでなく、長期的な利益の最大値を追い求めることを
重視していくことが大事です。

「2013年6月3日号」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop