2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 経営判断のための資料

経営判断のための資料

2013年6月5日号

経営者の方が、「経営判断」をする時に、様々なものを材料として使
い判断を下すことになります。

その材料は、世の中の動き、お客様の声、従業員の意見、決算書・試
算表、その他経営資料・財務資料などがあります。

その中で、決算書・試算表、財務資料などは数値で表現出来るので、
経営判断にはなくてはならない資料でもあります。

そのために、「経営者は決算書が読めた方が良い」とか、「どんぶり
勘定ではダメで、財務資料を整える必要がある」と言う話しが様々な
場面で良く出てきます。

その中でも、決算書や試算表はほぼ全部の会社が作っていますが、資
金繰り表は作っていないという会社も多いのではないでしょうか?

決算書は簿記と言うルールに基づいて作成されますし、法律で作成が
義務付けられているので作成されていますが、資金繰り表はそれらが
ないので作成されないことも多いのです。

しかし、「売上をUPするために広告投資や設備投資をしたいと思っ
てもいくらまで投資が出来るか?」「資金が必要で銀行融資を申し込
みたいが実際にいくら申し込めば良いなのか?」など、資金繰り表が
ないと、経営判断が出来ない(もしくは間違ってしまう)こともある
のです。

つまり、資金繰り表は経営判断をする時に必要不可欠とも言えます。
また言い方を変えれば、経営判断の時に資金繰り表があれば、迷う部
分を減らすことが出来る便利な資料でもあると言えるのです。

ぜひ、資金繰り表を作成してみてはいかがでしょうか?

「2013年6月5日号」執筆:平野貴之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop