2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 法人生保を3倍売るノウハウ
  4. > 金融検査マニュアルの罠

金融検査マニュアルの罠

2013年6月13日号

最近、流行の銀行の格付け!私からすると素人はプロから手ほどきを受けてから、
銀行の格付けの話をした方がいいとうことを皆さん知っていましたか?

私は法人生保の財務ナレッジを6社の生命保険会社で取組んでいますが、
最近はやりの節税系の商品販売のスキームついては、お恥ずかしい話ですが
ど素人です。
知らないことはプロから聞きますし、自分の領域以外の部分はそのプロに
任せた方が安心でしょうというのが私の考えです。

話を戻すと、たかが銀行の格付け、されど銀行の格付け。
たかが金融検査マニュアル、されど金融検査マニュアル。

私が言いたいのは銀行勤務経験があり、自己査定(銀行の格付けを銀行では
自己査定と言います)の実務を取組んできた方や経営コンサルで銀行業務に
関連している以外の方は金融検査マニュアルと実際の自己査定の実務における
乖離を理解して取り組んだ方が自己利益を守れると思います。

あくまでも金融検査マニュアルはマニュアルでしかありません。
つまり、金融検査マニュアルに従って、すべての銀行が横並びで格付けを
しているのであれば、そもそも金融機関によって格付けの差は出ないと思います。

よくある例ですが、メガバンクが破綻懸念先で地方銀行が要注意先で、
信用金庫が正常先という事例があります。
これが実際の自己査定と言われている銀行の格付けです。

そこで勉強家の皆さんがお客様のお役に立ちたいと考え、自己査定のことを
伝えた時に、注意しなければならないことがあるのです。
それはどこの金融機関とお付き合いをして、その銀行が
どこの部類に属しているのか?(メガバンク・第一地方銀行・第二地方銀行・
信用金庫・信用組合なのか?)
その金融機関の預金残高・融資残高・自己資本比率・不良債権比率が
どのようになっているのか?
その金融機関の経営計画が何を伝えているのかを吟味しながら、自己査定の
方向性をイメージして考えれば、9割以上の確率で格付けがあたるようになります。

しかしながらSNSで自己査定を検索すると金融検査マニュアルが大切だと
言っている元銀行員や会計事務所が殆どで残念でなりません。

私は9月に銀行系の本を出版する予定ですが、この6冊目の本で
自己査定のことも触れているので、新刊が発売された時には、
是非、御購入の程よろしくお願い致します。

もう一度お伝えしますが、自己査定の金融検査マニュアルは基本的な考え方であり、
各金融機関の独自マニュアルがあり、この独自マニュアルを外に出ることを
銀行員は原則しません。

私がよくいうことでもありますが、プロから本当の知識を身に付けて実行を
していけば、成果は間違いなくあがることでしょう。
私は今後、本当の自己査定を理解して法人保険を真剣に取り組みたいと
考えている方や自分の会社を改善していきたいと考えている中小企業経営者に
自己査定の情報を惜しみもなくアウトプットしていきます。

自己査定を制するモノは、銀行を制する。銀行を制するモノは、中小企業を
制すると言っても過言ではありません。

最後に、何で生保パーソンが銀行の格付けを知らなければならないのか
についてお伝えします。法人生保のお預かりをする際には、少なくても直近の
決算書をお預かりしていると思いますが、みなさんはそのお預かりした決算書の
活用方法をしていないと私は感じています。

生命保険会社の都合で生命保険の加入金額を精査したり、会社の内規で
赤字企業は継続リスクがあると言う理由で決算書のお預かりをさせている会社
もあると聞いています。

もちろん上記の理由で決算書のお預かりをすることが悪いとはいませんが、
決算書には会社の情報が詰まっていますし、中小企業の社長は銀行の格付けに
ついて気にしていないようで、銀行融資に関連させて銀行の格付けをすると
興味津々となります。

ですから直近の決算書1期分だけでも構わないので、決算書をお預かりした
のであれば、銀行の格付けと簡単な格付けアップ方法についてお伝えする
ことが出来るようになるのであれば、お客様のお役に立てるようになる
のかもしれません。

「2013年6月13日号」執筆:篠崎啓嗣

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop