2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 損益計算書を売上から見ていませんか?大事なのは利益ですよね?

損益計算書を売上から見ていませんか?大事なのは利益ですよね?

2013年6月24日号

損益計算書を眺めてみれば、一番上にあるのは「売上」。
何気なく、しかし一番気になるのは
当たり前です。

しかし、これからも続く困難な経済環境を生き抜いて
いくためには、

「損益計算書の中で、売上は後で考える」

ことが正解になります。

なぜ、売上から考えてはいけないのか

1.売上を無理に上げることは、取引条件や金額のダンピング
を必要とすることが多く、赤字になりやすいものです。
実際、私の経験上でも、先に売上を定義した会社は
粗利益率は低下することが避けられません。

2.売上は、全社員の作業量と表現することもできます。
売上は、増えれば増えただけ、社員の作業量が比例的に
増加しますが、利益は同様には増えないため
社員あたりの生産性が低下するばかりか、
社員を無駄に働かせることになります。

3.元々売上というのは、損益計算書の全ての項目の中で
最も予測が困難なものです。
というのも、原価や販売管理費というのは
自分で支払先や金額を決めることができても
売上は、相手が了承しない限りは、自分が何をしても
発生することがないから、です。
  
4.売上を上げれば、多くの場合運転資金が必要になりますが
それに見合った資金があらかじめ用意されてはいません。
せっかく売上が上がっても、逆に資金繰りが窮する
ことになります。が、大半の会社は
その時になってから銀行に借りようとする
   ⇒借りられないと分かってから慌てる
となりがちです。

主な理由は上記四点ですが、言葉を変えれば

「売上は、そもそも自分でコントロールするのが難しいのに
 自分や社員の作業が増えるのに
 資金繰りの裏付けも確認せずに
 目の前の仕事をしていれば、頑張っているような気持ちに
 なれるという誘惑に負けて、
 社長は、売上ばかり考えてしまうのです。

短期的には資金繰り、長期的には利益だけが会社を安定的にする

会社が倒産する・しないは資金繰り、つまりは資金がマイナスに
ならないかどうかで全て決まります。

一方、長期的に考えれば、利益が上げ続ければ
資金は時間とともに増えていくはずです。

会社がより発展していくために必要な利益を先に定義し
その利益に加えて
必要な経費や仕入をカバーし、売れる商品の粗利率を逆算した
結果として、「必要な売上」が出てくる、というのが
これからの経営です。

せっかく努力して仕事をしたのであれば、報われたい
ではないですか?
空回りした経営をしている場合ではないのです。

「2013年6月24日号」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop