2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 決算書

決算書

2013年10月23日号

あなたにとって決算書とは何でしょうか?

銀行から融資を受ける為の道具?
税金を納める為にあるもの?
取引先との信頼関係をつくる為?
法律で決まっているから仕方なく作っているもの?
必要ないから特に見ていない。

様々な考え方があるでしょうが、私にとって決算書とは
『経営者の意思決定の結果』であり『会社の歴史』であり
『会社の状態が一目でわかるもの』になります。

経営者の意思決定は全て決算書に現れます。
例えば不動産を全額借り入れで賄い購入しようと決めれば借入
金が負債にのり、不動産が固定資産にのります。またかかる諸
経費は販管費にのってくるでしょう。

電話代も3回線にすると決めれば、通信費としてその分経費が
計上されますし、内製化から外注化にすれば、内部経費は減り
外注比率が上がる事になります。

回収の意識がずさんで、放置していれば売掛金が積上がってき
てしまいますし、在庫管理が出来ていなければ、在庫の科目が
増えていきます。退職金を保険で賄おうとすれば保険積立金が
増えていきます。これら全て経営者の考えの元、意思決定を行
ってきたはずです。

権限を委譲して部下に決めさせた事であっても、権限を委譲し
て部下に決めさせると決めたのは経営者ですので部下の意思決
定に経営者が関与していたことになります。最終的には責任も
取らねばなりません。

この様に中小企業においては株主兼経営者という所有と経営が
一致している状態であり、経営者が決める事が、お金の流れに
なり、全て簿記という翻訳機を介して仕訳に変換されていきま
す。(見えない資産についての話は割愛します)

その仕訳を毎日毎日つけていき、期初から365日付けると、
一区切りをしないといけなくなります。これが決算になります。
即ち経営者の365日分の意思決定が決算書の貸借対照表と
損益計算書を作り上げていくのです。

学校に例えて言うなら損益計算書は『テストの点数』であり、
貸借対照表は『通知表』といった所でしょうか?テストの点数
が多少悪くても、授業態度が良く欠席が少なければ、通知表
は良くなるかもしれません。その逆もありますよね。

また貸借対照表は企業の体力・状態を示しており、過去からの
積み上げでなりたっている部分で歴史という表現が当てはまる
のです。

ここで注意して頂きたいのは損益計算書は1年経てばリセット
されますが、企業経営においてはリセットしていけないという
事です。

決算書は経営者の意思決定の結果という表現を使いましたが、
これか過去から現在までずっと続いているものです。決算が来
たからといって過去が消えるものではありません。ここには経
営者の過去の経験と知識の傾向といったものが、必ず現れてき
ます。

過去5期分、最低でも3期分並べて振返ってみて、自分の傾向
を一度再認識するのも、自分が今どこにいるのか客観的に見る
事が出来、将来とのギャップを確認する良いきっかけにもなり
ますので、是非お勧めします。

「2013年10月23日号」執筆:奥田雄二

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop