2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > あなたの会社を2年以内に復活させる方法
  4. > 「勘定合えど銭足らず」は笑い事ではない

「勘定合えど銭足らず」は笑い事ではない

2014年4月21日号

納得してはいけない言葉


「勘定合えど銭足らず」といえば経営者にとって悩ましく、
しかし実感を伴う言葉に聞こえるものかもしれません。
中小企業経営者は毎日懸命に現場で仕事をこなしながら、
回収や支払の決済まで行い、会計処理まで確認するのが当たり前。
こんなにも仕事に全てを費やして、最後に出てくる結果は
現預金が増えていないというのは、なんとも悲しいことです。
なんとも世知辛い現実を示すフレーズです。



しかし、企業経営や財務に関わる者がこの言葉に納得したり、
「そうだ」と思うだけでは失格だということを、
どれほどの方が認識しているでしょうか?



銭=現預金・キャッシュ は企業の活動においては
血液の役目を果たすとされています。
新たに事業を始めるのにも、仕入に対して支払をするのにも、
社員に給与や賞与を支給することにはじまり、
借入の返済や納税、最終的には事業承継を行うことにすら、
お金は必要。
気分のいい話ではなくとも、破産すら、タダではできません。



「どんなに優れた利益を生む企業ですら
資金ショートすれば倒産になる」
「一番大事なことは、十分な資金を確保することだ」
誰もが知っています。



なのに、自分の会社に「銭が足りていない」
結果が出てきたことを、どうして皮肉交じりの
コトワザで済ましてしまうのでしょう?

「財務」の機能


これまでに1,000社近い中小企業経営者からの
相談を伺ってきましたが、その中で非常によく聞いてきたのが



「私には財務がよく分からない」
「財務面を強化したい」



という言葉。経営・財務を基盤とするコンサルタントとしては、
もちろんお手伝いするべきものですが、
財務が強化されるとはどういうか、
意味を取り違ってしまっては元も子もありません。
改めて、財務という言葉の持つ意味を確認します。



一般に、財務と言えば以下のように考えられます。



・資産や負債の管理
・資金の調達や管理
・収益の管理



これらの結果作成される貸借対照表や損益計算書等を通じて
企業の収益性や安全性、将来性や価値等を見える化、
問題点を把握し将来の経営判断の材料とすること。



といったところでしょうか。
でもちょっと小難しい言葉。もう少し身近な言葉にしたいです。



そもそも、財務が機能していれば、
企業の状態が資金計画等によって見える数字で表現され、



・なぜ銭が増えていないのか(原因)
・どうすれば銭が増えるのか(対応)
・どのくらいまで銭を増やせば、
 将来の安心が得られるのか(目標量)
・いつまでに、安心感のある水準に
 銭を増やすことができるのか(目標期限)



が分かるもの。
原因、対応、課題が明らかなら



・何をすればよいのか分かる
・どんな出来事に対しても、
 目標に近づくための納得した決断ができる



ことになります。大事なポイントはここです。
誰だって将来のことを全て見通すことはできません。
が、今ある情報を最大限活かし、
納得の行く決断ができることが、
財務が機能しているということなのではないでしょうか。



従って、
「社長の迷いを断つ情報や環境」こそが財務の機能
と考えます。



企業経営者の多くは、この機能をもっていません。
だから「勘定合えど銭足らず」という言葉を、
そのまま受け止めることしかできないんです。
銭足らず=資金不足という致命的な弱みを自覚したまま、
不安な気持ちで毎日を送っている経営者は、
この問題に取組むべきです。



何も、複式簿記や税法を知る必要はありません。
資金繰り・資金計画を長期に渡り実行していくことが、
一番の近道。
目指すは、財務機能が働くことで、
「勘定が合って、どうすれば銭が増えるのか分かる」
ことですから。

「2014年4月21日号」執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop