2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 経営にチェック機能は必要か?

経営にチェック機能は必要か?

2014年10月15日号


自分の健康状態を知るために、健康診断を受ける人は多いですね。でも、
本当であれば、「自分のことは一番自分が知っている」はずです。



しかし、お医者さんでないと、自分では発見できない体の変化や数値を
比べて見ないと分からない体調の変化があるので、健康診断を受けるの
ですね。



これは、ビジネスでも同じです。



「自分の会社のことは自分が一番よく知っている」のはどの経営者でも
思うことです。確かに、自分自身が一番分かっている部分も多いですが、
第三者から見た方が判る部分や、数値化してみて初めて気付くことも多
いのです。



よって、健康診断のように自社の状況を客観的にチェックする必要性が
あるのです。上場企業であれば、監査法人の監査があったり、株主総会
などので株主からのチェックがあったりします。



しかし、中小企業ではなかなかチェック機能がありません。また、チェ
ックするにしても、何をチェックしたらよいかが明確ではありません。



よって、自らチェック機能を働かせておく必要があります。その一つの方
法が、事業計画書を作成し、毎月ないしは四半期ごとなど期日を決めて、
進捗状況をチェックすることです。



これによって、常に過去の反省と未来のやるべきことが決めることが出来
るようになります。



まとめますと、体の健康診断のように定期的にチェックする体制は必要だ
ということなのです。そして、チェックするためには、その基準になるも
のが必要であり、その基準が事業計画書なのです。



つまりは、まずは事業計画書を作って、それを作っただけで終わるのでな
く、経営のチェック機能として活用していくことが重要なのです。



ぜひ、事業計画書およびチェック機能を働かせてみましょう。

「2014年10月15日号」執筆:平野貴之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop