2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 信用金庫から融資を受ける

信用金庫から融資を受ける

2014年10月16日号

企業が融資を受ける金融機関は、メガバンク、地方銀行とともに、
信用金庫、信用組合もあります。今回は信用金庫と付き合うことについて、
述べます。

信用金庫とは、信用金庫法に準拠している金融機関です。銀行とは成り
立ち・存在意義が違います。

信用金庫法第1条では

「国民大衆のために金融の円滑を図り、その貯蓄の増強に資するため、協同
組織による信用金庫の制度を確立・・・」

とあります。信用金庫は営利目的の会社ではなく、協同組織、ということに
なります。

また信用金庫は「会員」の相互扶助を目的に預金・貸し出しを行うもの
です。その会員資格は

・個人事業主でも法人でも、常時使用する従業員の数が300人を超えない。
・資本金・出資総額が9億円を超えない
・信用金庫の地区内に事業所を有する。

です。信用金庫は会員からの出資により成り立っており、一部の融資を除き
融資は会員に対しなされますので、上記の条件に当てはまる会社でないと、
信用金庫は融資を受けられないことになります。

平成26年3月末において、全国の信用金庫の数は267あり、貸出金合計は
64兆4791億円です。単純に割ると1庫あたり2,415億円となります。これが
信用金庫の貸出金の平均で、その数字と比較して、ある信用金庫の規模を
はかることができます。

なお、下位地方銀行を上回る貸出金がある信用金庫もあり、全体としては
地方銀行より信用金庫の方が規模は小さいものの、信用金庫によって差が
あります。

日頃、メガバンクや地方銀行を中心に銀行取引をしている企業経営者から
したら、銀行に比べて信用金庫はどうしても軽視しがちです。しかし
信用金庫と取引をできると、下記の面で企業にメリットをもたらします。

1.金額が小さい融資、短期のつなぎ資金でも信用金庫は嫌がらずにやって
くれやすい。

2.得意先係がこまめにまわってくれるため仲良くなり情報を得られる関係
になりやすい。

3.信用金庫の中には地方銀行の規模に匹敵するところもある。

一つ一つ見てみます。

1.金額が小さい融資、短期のつなぎ資金でも信用金庫は嫌がらずにやって
くれやすい。

銀行は、金額が数億円でも、数百万円でも、融資審査にかける時間はそんな
に大きな差があるわけではありません。

そのため、できるだけ金額の大きい融資を実行したく(金額が大きければ
それだけ審査が厳しくなる面もありますが)、数百万円規模の融資は、面倒
くさがる銀行員もいます。それは、銀行は営利を目的とした会社であり、
銀行の支店には本部から課される営業目標があるため、それを達成するため
に効率的に行いたい、ということがあるでしょう。

一方で信用金庫は、相互扶助を目的とした協同組織であり、数百万円単位の
融資は日常茶飯事です。こまめに融資を行ってくれます。

また材料代や外注費支払いから売掛金入金までをつなぐ短期間でのつなぎ
資金のような短い返済期間の融資でもこまめに対応してくれます。

信用金庫は、このように使い勝手がよいのです。審査コストは高くなります
から金利は高めになりますが、融資金額が小さければ利息は大きな金額には
なりません。

2.得意先係がこまめにまわってくれるため仲良くなり情報を得られる関係
になりやすい。

信用金庫では、お客さんをまわってくる得意先係が、外で営業活動を行い
ます。中には、一日30件~50件を訪問する職員もいます。

ひんぱんに顔を出してくれるのが、信用金庫の職員です。上司から、とに
かくお客さんをこまめにまわって、融資のネタなど情報を得てくるように、
言われています。

地方銀行ではほとんどなくなってしまった定期積金の集金のための訪問を、
訪問をきっかけに情報を得るために、多くの信用金庫はいまだ、行って
います。

そのため、毎月数万円でも定期積金の契約を行ったら、信用金庫の職員は
毎月まわってくれるようになります。

また定期積金の集金のための訪問がない信用金庫でも、毎月○日~○日の
あたりに来てほしい、と伝えておけば、まわってくれることでしょう。

このようにこまめにまわってくれるので、融資の相談もしやすいです。

3.信用金庫の中には地方銀行の規模に匹敵するところもある。

信用金庫の貸出金は前述のように1庫平均2,415億円ですが、1兆円を超える
大規模信用金庫もあり、そこまでいかなくても5,000億円を超えれば大きな
信用金庫と言えるでしょう。信用金庫のホームページやディスクロージャー
誌などで、調べることができます。

こう考えると、ある程度の規模がある信用金庫は、地方銀行と同様に考えて
もよいことになります。

複数の銀行から融資を受ける場合、地域によってはメガバンクや地方銀行
だけでは数が少なくても、信用金庫も合わせれば数が多くなります。

地元にはどのような信用金庫があるか、把握していますか。信用金庫も含め
融資を受ける銀行の構成を考えていきたいところです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop