2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行からの金利引上げ要求を跳ね返す方法

銀行からの金利引上げ要求を跳ね返す方法

2014年10月24日号

2014年10月24日号【銀行とのつきあい方】銀行からの金利引上げ要求を跳ね返す方法

銀行は、融資をしたい企業へは、他の銀行も融資をしたい中で融資競争に
勝つため、低い金利での融資提案を行うことになりますが、一方で銀行が
融資をしたくない企業に対しては、銀行は既存の融資の、金利の引上げを
要求してくることがあります。

金利引上げを銀行から要求された場合、銀行の言うがままに金利を引き上げ
ていれば、この会社は銀行が要求したことをすぐのんでくれる会社として、
さらに銀行からいろいろな要求をしてきます。銀行の金利引上げ交渉には
簡単に応じず、対抗していきたいものです。

金利引上げの要求で一番多いのが、業績が悪く、銀行からつけられている
債務者区分(正常先・要注意先・要管理先・破綻懸念先などの区分)が悪い
区分となった企業や、融資の返済の減額・猶予、つまりリスケジュールを
行おうとしている企業です。

金利の引上げ要求には、経営改善計画書を作成し、そこで経費削減計画を
書いてその中で利息の削減も書いて銀行と交渉していくことが一番ですが、
企業と銀行との面会での交渉において、銀行の要求を跳ね返す手があり
ます。

次の交渉例を見てください。

銀行「御社は債務者区分が要注意先に落ちたため、弊行としては御社に金利
を引き上げてもらわなければならなくなりました。債務者区分が悪い
先は、貸倒引当金を銀行として積まなければならず、そのため金利
引上げが必要なのです。」

企業「金利の引上げですか。困りましたね。どれぐらいの金利引上げを
考えていらっしゃるのですか。」

銀行「現在お出ししている融資は、平均金利は2%前半ぐらいですが、それを
一律2%引上げさせていただきたく思います。」

企業「しかし弊社は、御行で、融資だけでなく振込・売上入金・手形取立
なども行い、その手数料収入でも貢献しているはずです。また融資は
合計1億3000万円ですが、一方で預金も4000万円以上の残高を保つ
ように置いています。また御行の関連会社のリース会社でもリース
取引をしています。融資利息以外でも多く貢献しているのに、債務者
区分のことだけで金利引上げを要請されるのでしょうか。」

銀行「はい。ただ、債務者区分が正常先に戻った際は金利を引下げさせて
いただきますので。」

企業「いや、信用できませんね。それを念書でお約束いただけるのですか。
できないでしょう。融資以外の取引でも御行に貢献しているはず
です。弊社がそれでどれだけ貢献しているか、ここ1年の数値を計算
して見せてもらえませんか。」

銀行「そのようなところまでは私も考えていませんでした。上司と相談し
てみます。」

企業「また金利は、御行の調達コスト、経費率、御行が得たい利ざやで
決まると聞いています。また弊社の債務者区分が悪くなり、信用
コストが上がったから金利引上げを要請されているのでしょう。
それら、調達コスト、経費率、利鞘、信用コストを数値で教えて
いただけませんか。」

銀行「分かりました。後日、回答させていただきます。」

納得するまでは金利引上げに同意しない

実際、この銀行員はこの企業の金利引上げをあきらめ、次の金利引上げ候補
先にターゲットを変えるでしょう。

私が銀行員の時、金利引上げ交渉においてここまでの金利知識を持ち、交渉
してくる経営者や経理財務担当者はいませんでした。

銀行員としては、金利に関する知識が深い経営者・経理財務担当者相手に
交渉するのは大変だと思い、それ以上の金利引上げ交渉を諦めることが多い
ものです。

金利引上げは、企業が納得した上でなければ応じる必要はありません。銀行
が金利引上げ交渉をしてきた場合、全ての疑問点を銀行にぶつけ、銀行から
の回答を待つのが、金利引上げ要求を跳ね返す良い方法です。また銀行が
回答してこなかったら金利が引き上げられないだけで、わざわざ企業から、
回答期限や次の交渉日を設ける必要は全くありません。

企業側としては、納得するまで疑問点を細かく銀行員に聞いていくことが
ポイントです。そのためにも金利の知識はしっかりと身につけておきたい
ところです。

銀行に聞くポイントとしては、次のことがあります。いずれも具体的な金額
を教えてもらうよう、要求することが大事です。

金利引上げを要求してきた銀行に聞くこと

・債務者区分や信用格付が悪化したことにより具体的にどれだけ信用コストが
上がったのか、銀行が見ている貸倒率はどれぐらい上がったのか、貸倒
引当金はどれだけ積み増すのか。

・銀行の金利の要素である、銀行の調達コストはどうか、経費率はどうか、
銀行が得たい利ざやはどうか。

・自社は銀行に対し、融資以外の預金取引や付随取引で、どれだけ銀行に貢献
しているのか。関連会社や役員従業員取引ではどうか

・他の、同様の債務者区分の企業は同様に金利引上げに応じているのか。
ほとんどの企業が応じているのか。自社だけに不公平な扱いをしようとして
いるのではないか。

すぐに融資を引き上げられることはない

銀行から金利引上げ交渉があり、すぐに応じてしまう経営者は、決まって
「もし金利引上げを断ったら、融資がすぐに引き上げられてしまうのでは
ないか。」

というおそれがあるものです。

しかし、そんなことはありません。金利交渉がこじれたとの理由で、融資
の返済は強要されません。もし返済を要求されるのであれば、金利以外の
別の理由があってのことでしょう。

しかし返済できないものは返済できないので、返済要求にも応じる必要は
ありません。ただし競売や保証人取立てなど強制的な回収を銀行から行わ
れないよう、一括では返済できなくてもどのように少しずつ返済をしていく
か、銀行と円満に交渉していきたいものです。

銀行員は金利交渉の後ろめたさがある

実は金利引上げ交渉を行ってくる銀行員も、後ろめたい気持ちがあるもの
です。

一つ目は、金利を引き上げることで、ただでさえ苦しい状況の企業をさらに
苦しめてしまうのではないか。

二つ目は、金利を引き上げることで銀行として大事な取引先を失ってしまう
のではないか。

私は銀行員時代、5,000万円以上の融資を出している要注意先企業に、別の
銀行に担保ごと全て借り換えられてしまったことがありました。その銀行
は、担保が十分にあることを見て、要注意先企業であっても融資を出したの
でした。

要注意先企業であっても、自分の銀行をメインにしてくれていた企業が別の
銀行に乗り換えることにショックを受けたものです。

銀行の収益源は融資の利息収入以外にも、手数料や役員従業員取引など、
いろいろあるものです。債務者区分が悪い企業でも、他の銀行に行って
しまうのはさびしいものです。

そのような金利引上げ交渉の後ろめたさがあるが、本部からの指示、支店長
からの指示により、金利引上げ交渉は行わざるをえないのが銀行員の実態
です。

そのため、企業側が抵抗すればおとなしく諦めてくれる銀行員は多いもの
です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop