2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 消費税増税の先送りの影響度

消費税増税の先送りの影響度

2014年11月26日号


消費税は、平成26年4月に5%から8%になり、平成27年10月に
8%から10%になる予定でした。



しかし、今回、平成27年10月の8%から10%への増税を、一年半
先延ばしにするということを表明しました。
(つまり、平成29年4月になったということです。)



経営的には、このような外部環境の変化をしっかりと捉えて置く必要が
あります。



すでに、平成27年10月を想定した企業もあるかと思います。例えば、
そろそろ駆け込み需要に向けてのマーケティングをしようと考えていた
企業とすれば、当てが外れたかもしれません。



逆に、増税の影響で厳しい環境が少しは緩和されると考える企業もある
かも知れません。



今回の増税は、長いスパンで先読みが出来る外部環境の変化ですので、
なるべく早め早めに対策を取る必要があるのです。



よって、今回の先延ばしによる影響もしっかりと見極め次の対策を練る
必要があります。



同時に、もう一つ考えて置くことがあります。



それは、増税や政治の問題は、あくまで外部環境の変化だということで
す。



上記のように、外部環境の変化も結局は業績に影響が大きいので、忘れ
ても良いという訳ではありません。



でも、内部環境(会社内のことや直接のお客様のこと)を整える方が優
先なのです。



つまり、外部環境の変化「だけ」に目が行き過ぎて、自社の経営状況の
事を忘れてはいけないということです。



まずは、自社の経営をどうしていくのか(経営理念、経営戦略、経営戦
術など)をしっかりと検討し、その中で、外部環境の変化にも目を向け
ると言う流れです。



つまり、会社内「だけ」しっかりやっていても、外部環境「だけ」しっ
かり見ていても、良い結果にはつながりません。



消費税の話から、結局は、経営の話につながりましたが、このように環
境の変化の大きい時は、外部環境と内部環境、両面をバランスよく見な
がら経営をしていく必要があるということなのですね。

「2014年11月26日号」執筆:平野貴之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop