2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 決断のタイミング

決断のタイミング

2014年12月24日号


M社は、プラスチック成形メーカーです。[売上1.5億円]<借入;7千万円>
初代社長による放漫経営により、借入金が増大しておりました。
初代社長及び取締役を一新し再スタートを切りました。



まずは、実態把握を行い、顧客別製品別の売上・利益の精査です。
また、経費を見直し不要部分の排除を行いました。
取引先、受注品目も増加、売上も増加してきていきました。
M社の技術は、金融機関も認めて頂いており、継続融資にて支援を受けて
おりました。


経営者は、営業出身であり売上獲得に奔走いたしました。
それなりに売上も増加し、収益も確保できるようになりました。
しかし、受注には波があり落ち込んだ時の対策が不十分で資金繰は逼迫
しました。
新たな事業開拓も行いましたが開発費がかさみ売上も増加しません。


ただ経営者は、前を向きひたすら受注活動を行いましたが資金が逼迫し
金融機関への元金返済猶予を行うこととなりました。


元金返済猶予をしたタイミングは資金が枯渇した際に行ったため
その後も資金繰りに苦慮することとなり支払利息も払えなくなり代位弁済
となりました。


M社は経営一新を行い、経費見直し・新規受注活動と対策をとったのですが
不十分な点があったと同時にその後も対策が後手に回り資金確保に奔走する
こととなりました。



経営の判断は、非常に難しい局面はありますが実態把握・事業計画(目標管理)
・資金繰表、対策を緻密に作成し、リアルタイムな対策を行う必要があります。


決断の遅れが経営を崖っぷちに追いやることもあります。
経営者としての迅速な判断をお願いいたします。

「2014年12月24日号」執筆:小林憲司

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop