2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 信用保証協会保証付融資の金利引上げ要請

信用保証協会保証付融資の金利引上げ要請

2014年12月26日号

保証付融資の金利引上げを銀行から要請された場合、どのように考え、対応
したらよいのでしょうか。

まず、基本を押さえておきましょう。銀行取引約定書や金銭消費貸借契約書
には、銀行は金利の引上げの協議を求めることはできますが、一方的に金利
引上げを企業に約束させることはできません。

そのため、銀行の金利引上げ要請は断って問題ないことは頭に入れておいて
ください。

また保証付融資ではない融資をプロパー融資と言い、その大きな違いは、
企業が返済できなくなり貸倒れとなった場合、銀行はどれだけ損失を負担
するか、ということです。プロパー融資では100%銀行が負担しますが、
保証付融資では80%を保証協会、20%を銀行が負担します。なお制度に
よっては、保証協会が100%負担する場合もあります。

ただ保証付融資と言えども、銀行の資金を企業に融資し、利息は銀行に
支払うことに変わりません。また保証付融資は、企業は、銀行へ支払う
利息に加え保証協会へ保証料を支払っております。

銀行が受け取る利息には、貸倒れとなった場合への備えの資金を確保する
部分もありますが、それを考えると倒産可能性の高い企業へは、銀行は
金利を高くする必要があります。

しかし保証付融資は、貸倒れとなった場合、保証協会が80%ないし100%を
負担するため、銀行が損失をかぶるリスクは20%部分に対して、もしくは
0なのです。

銀行が金利引上げを企業に言ってくる主要な理由は、企業が業況悪化など
で倒産可能性が高くなり、金利を引上げたい、というものです。

しかしその理由が、プロパー融資では分かるものの、保証付融資では成り
立ちにくくなります。なおプロパー融資でも担保を入れている場合は、
担保の評価額にもよりますが同様に考えられます。

保証付融資の場合、それに加えて保証協会には保証料を支払っているの
です。銀行から要請があっても金利は引上げたくなく、断りたいところ
です。

企業の倒産可能性が高まったから保証付融資の金利を引き上げてほしいと
言ってくる銀行に対しては、次のように主張します。

1.保証付融資の場合は貸倒れとなった場合の銀行の負担は20%ないし0%
であり(そのどちらであるかは銀行に確認すれば分かります)、貸倒れと
なっても銀行の負担は少ない、もしくはないこと。

2.保証付融資は銀行へ利息に加えて保証料も支払っていること。その状態
で金利の引上げは自社にとり負担が大きすぎること。

なお、倒産可能性が高まった以外の理由で銀行が金利引上げを要請してくる
ことは考えにくいです。例えば、金利引上げの営業目標があるから金利を
引上げさせてほしいと言ってくる銀行員に対し、あなたが今後のつきあいも
考えておきたいのであれば、金利を引き上げることはできなくても他に何か
一つ、つきあえるものがあればつきあっておくよ、と言います。

銀行にて、本部から支店に課せられる営業目標は多岐に渡ります。例えば
銀行関連会社のクレジットカード作成が目標の一つにあれば、それに入って
あげれば、年会費はせいぜい数千円程度の負担で済みます。一方で金利
引上げは負担が大きいものです。3,000万円、金利1%引上げであれば年間
支払利息は30万円増ですし、何より次の融資の金利が、今回の金利を参考に
決められることがつらいです。

以上、保証付融資の金利引上げ要請があったら、このように対応してくだ
さい。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop