2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > データ「だけ」を信じるな!

データ「だけ」を信じるな!

2015年1月21日号


経営をしていくうえで、「データ」に基づいて経営判断をしたり、
マーケティングを考えたりすることは重要です。



よって、データをとれる体制を作ることやデータに基づく判断が
出来る体制づくりは必要です。



しかし、データ「だけ」に囚われると、逆に判断を間違えることも
あります。


それは、「データの取り方」や「データの中のどの部分に注目す
るのか」または「データを見て判断を間違える」などによって大き
く変わるからです。


まずはデータの取り方が違えば判断も違います。



例えば、想定しているお客様が「20歳の女性」であるのに、「年代、
性別関係ないデータ」をとったら、経営判断は間違うかもしれま
せん。


そんな間違いしないと思うかもしれませんが、意外とあるのです。



データを取る人とデータを見るが違うと、間違うこともあります
し、データの取り方は良くても、そもそも想定顧客が決まっていない
とか、曖昧であると、結局はデータが違うということになります。


また、データのどの部分に注目するかという点です。



例えば、「過去3年間のデータで売上が伸びている」と言うデータ
をみて、「さらにそこに注力しよう」と決断したとします。



でも、実は、「2年半までは伸びているが、直近では違う競合商品が
出て売上が伸びていなく、本当は、撤退の判断をしなければいけない
場面」なのかもしれません。



このように、都合の良い所だけをデータで取ってしまうと、経営判断
は間違います。


また、データ自体は悪くなくてもそれを見て判断も間違うことあります。



例えば、「飲食業で原価率は30%以下が望ましいが、うちは35%だから
原価を低減させよう」と言うケース。



原価を低減させた方が良い場合も多いですが、「実は、高級料理店で、
その原価率の高さが、競合他社より販売価格が高くてもお客様から支持
された理由」だった場合、原価低減によってお客離れが起きてしまうか
もしれないのです。



これは、「原価率が高い」というデータは間違っていないですが、そ
れをどのように捉えるかによって、判断を間違ってしまうケースです。


このように、データ「だけ」を見ても、経営判断は間違うこともあり
ます。データが無いと困りますが、データ「だけ」で判断してもダメ
なのですね。



つまりは、経営判断と言うのは、【総合的判断】が必要だということな
のです。

「2015年1月21日号」執筆:平野貴之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop