2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 取引先金融機関への定期的な訪問を

取引先金融機関への定期的な訪問を

2015年7月1日号

M社は、倒産の危機に直面致しました。
取引銀行Hからは、事情説明を何度も求められました。
担当者の方からは、『どうして行くんだ!!』『返済計画は』と
詰め寄られました。

金融機関からは、毎日提出書類を要求されました。

ただ、M社の取引先からは、技術力を認められ受注は拡大しておりました。

ある日、取引先金融機関支店長がこられ、
『5000万円の融資を準備した。御社の技術力で会社を立て直せ!!』
といわれました。

経営陣は、この言葉に唖然としました。

取引先金融機関には、毎月(試算表、資金繰り表、受注情況など)報告に伺いました。
返済が進めば追加融資もスムーズに出して頂きました。
担当者は、毎期報告に来ていただけるので情況がわかり助かるとよく言われました。
勿論、新規受注などの報告もしましたが失墜報告もしました。
そのような態度が評価されました。信頼の構築です。

経営者としては、銀行に訪問したくない、悪い報告はしたくないと
思われるでしょうが定期的な訪問をして真実を報告することで
金融機関の協力を仰ぐことは重要です。
会社の姿勢を金融機関に把握してもらうのです。

業績報告は、担当者は勿論ですが融資責任者、支店長も行うべきです。
さらに保証協会にも1回/年 決算書の内容を報告しておくことも重要です。

資金繰りに困ったから訪問するでは、金融機関に認められない
ケースが多いです。

自社の分析を行う意味でも訪問をしてみてはいかがですか?
また、銀行の自社への見方もわかってきます。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop