2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 成長する企業の資金繰り難とは?

成長する企業の資金繰り難とは?

2015年8月26日号

資金難と言うと、業績(売上や利益)が厳しい会社と言うイメージが
あるかもしれませんが、成長中の会社でも、資金難になることがあり
ます。

「今は業績が良いから大丈夫」と思っても、この資金難から、つい
には、業績まで悪くなるということもあるので、早めに対応をして
いく必要があります。

では、成長中の企業が資金難になる原因は何なのでしょうか?
いくつかあります。

例えば、
「成長度合いに資金調達手段が追い付いていないケース」
「資金繰り体制が整っていないケース」
「業績が良いので出費を出しすぎてしまうケース」など。

一番初めのケースは、資金調達手段を増やす努力が必要になります。
取引銀行を増やしたり、私募債などの別手段を検討したりなどです。

次のケースは、どんぶり勘定を止めて、体制づくりをしていく必要があります。

最後のケースは、入金と出金のバランスを取ることが必要となります。

今回は、それぞれに深く書くと長くなりますので、ポイントだけを
お伝えします。

まずは「成長中の会社でも資金難になるケースがある」と言うことを
知っておくことだけでも、十分なポイントなります。

なぜなら、成長しているから大丈夫と思っていると、手遅れになる
可能性があるからです。

そして、このポイントを知っていれば、自社のケースに当てはめて、
「どのような状況か、その対策はどうすればいいか」と早めに考える
ことが出来るようになります。

このように、早め早めに対策をしていくと、

「成長期の資金難=いつのまにか業績悪化」

と言うことを避けることが出来るのですね。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop