2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 保険の担保設定を要請してくる銀行に要注意!

保険の担保設定を要請してくる銀行に要注意!

2016年3月11日号「銀行とのつきあい方」

 

保険に質権を設定することで借入の担保とすることは
法的には可能ですが、コンプライアンスの観点から
行わないことが一般的になっています。

 

なにしろ、昔のドラマのような
「クビを○って、借金を返せ(す)」
という台詞が想像されてしまいますから。

 

しかし、昨年から、ある銀行に限って4件も、
銀行から保険の担保設定依頼があったことを
お客さまとのご面談の中で確認しておりますので、
今回はその内容と注意喚起をしておこうと思います。

 

どんなやり方で、保険の担保設定を依頼してくる?

 

典型的には、二つのパターンです。

その1

  1. 無担保で融資を行う
  2. 銀行窓版の保険に加入してもらう
  3. 担保が足りないから、といって2.の保険に担保設定の依頼をする

 

銀行から見て、融資の金利を得る、保険の収益も得るかつ
担保として安全性を確保するといういいこと尽くしですね。

その2

  1. 新規融資が難しいと判断された借り手企業に「保険を担保にくれれば、融資をする」と申し出する
  2. 担保設定を行い、融資を実行するが、期間は短期の分割返済にする
  3. 担保設定は根担保なので、その融資が返済になった後は他の既存の借入の担保として銀行側の保全に使われる要するに、追加担保になる

 

一旦企業の融資に応えたように見えて、実際は銀行側の保全の改善に一方的に使われている、ということです。

 

背景と対応

 

両方とも、かなりひどいやり方です。
保険の質権設定金額は、不動産等の担保と異なり
銀行の内部管理上は「担保金額」に含めないことが当たり前で
担保として計算に入れないものでした。

 

経営者側が、覚悟として自ら差入れする場合にのみ考慮するものです。

 

が、その銀行としては、そのような体面を捨てて
実質的な回収可能金額を確保していこうという考えなのでしょう。

 

保険を担保として差入れするのは、企業の再生を
考えたときの手段として有効ですが、
あくまで企業側からの判断によってのみ行われるべきものです。

 

間違っても、銀行からの依頼によって差入れするようなことがあってはなりません。

 

ちなみに、この銀行は地方銀行の中でも大手と言われる
その地方では有力なところです。
今後、同様な対応をする銀行が増えることも予想されます。

 

皆様、重ね重ねご注意下さい。

 

執筆:今野洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop