2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > M&Aの活用目的と動機(買い手様編)

M&Aの活用目的と動機(買い手様編)

2016年7月5日号 「銀行とのつきあい方」

 

前回は、
M&Aの活用目的と動機(売り手様編)についてお話させていただきました。

今回は、

M&Aの活用目的と動機(買い手様編)についてお話しさせていだきます。

 

買い手様は、M&Aを何故、活用されるのでしょうか?
それは以下の2つに集約されると思います。

 

【拡大・成長戦略】として。

 

そして、【経営資源の短期獲得・スピーディーな事業拡大のため】です。

 

単なる拡大・成長戦略であれば、自社で新規にスタートさせる、
或は人材、設備に投資することでも良いと思います。

 

しかし、そこに時短という目的も加わるとM&Aが
もっとも有効な選択肢であると思います。

 

そして、次に前回同様、買い手様がM&Aを考える動機について
触れてみたいと思います。

 

  • 自社にないものを補う
  • 新規事業への参入
  • 既存事業との事業シナジー
  • エリア拡大・独立開業
  • 再現性のないもの、再現までに膨大な時間と投資が必要なもの

 

それぞれ、基本的に、説明は不要であると思いますが、
最後の再現性のないもの、再現までに膨大な時間と投資が必要なものは、
買い手様の戦略立案にも関わる重要なことであるので、少し触れておきたいと思います。

 

「貴社が実行しようとしているM&Aは、“再現性のないもの、再現までに膨大な時間と投資が必要なもの”でしょうか」

 

これは、私が、全ての買い手様に投げかける問いかけでもあります。

 

これ以外のものは、M&Aによる外部からの取得以外でも
実現可能なものと言えなくもありません。

 

しかし、上記問いへの答えが、Yesであれば、
このペイン(問題・課題)への対策は、M&A以外にありません(勿論、諦めるという選択肢はございますが。。。)。

 

弊社には、買い手様からM&Aを検討している段階での
お客様からのお問い合わせも多く寄せられます。

 

M&Aをすべきか否か?するのであれば、
どの部分(会社・事業)をM&Aによって取得すべきか。。。

 

この時私が買い手様に繰り出すのが、
「再現性のないもの、再現までに膨大な時間と投資が必要なものはどれですか?」です。

 

これは買い手様がM&Aを検討する原点であり、到達点である、
非常に重要な問いかけ(指標)になると思います。

 

今回も最後までお付き合いいただき誠にありがとうございます。
次回、最終回は、M&Aアドバイザーの活用ポイントをお送りしたいと思います。

 

執筆:松原 良太

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop