2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 突然会社が解散する?

突然会社が解散する?

2016年7月6日号 「名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』」

 

経営者の意思とは別に「突然会社が解散」するなんてことがあるのでしょうか?

 

実は、あります。

 

株式会社は、最後の登記が行われて次の登記が12年以上されないと、
「休眠会社ではないか」と思われて、法務省の整理の対象となります。

 

法務省からの公告・通知書が来た段階で、すぐに、登記または届け出を
すれば、大丈夫なのですが、そこから2カ月放置すると、
「みなし解散登記」がされてしまいます。

 

と言っても、しっかりと法令を守っている会社は何の心配もありません。
会社法でも、最長で10年以内には役員の登記が行う必要がありますので、
忘れていない限りは、12年の範囲には引っかからないからです。

 

でも、商法時代には役員登記は短かったのですが、会社法の施行で、
役員任期が最長で10年にすることが可能となりました。10年と長い期間で
忘れがちですので、忘れないように注意しましょう。

 

そして、今年が、ちょうど会社法施行されて10年近くたちますので、
そろそろ役員の変更登記が必要な会社も出てきます。
役員の任期を10年にしている会社は、この辺を注意したほうがよいでしょう。

 

「みなし解散」にならないようにと言う前に、まずは会社法などの
法令を順守することに注意をしてくださいね。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

メールアドレス
金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

中小企業事業承継支援協会
大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop