2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 新しい「融資を受けるため」のアピールポイント

新しい「融資を受けるため」のアピールポイント

2016年9月26日号 「銀行とのつきあい方」

 

前回、これから生まれる金融制度は

 

決算書の操作(粉飾)をすればするほど、融資が逆に得られなくなる

 

ことに触れました。

 

決算書の操作、特に利益の操作をした場合に
変化する貸借対照表の増減について指標化されることで
操作している可能性があらわになってしまうため、です。
決算書からの財務分析については、今後キーワードとされる
単語が二つあり、

 

「稼ぐ力」=実態の営業利益
「生産性(の向上)」=資産・人・売上などの回転数(率)

 

といったあたりですが、これらについては
また別の機会に触れるとしまして、
今回は
「そもそも決算書からの評価だけが全てではない」
ことをお伝えしようと思います。

 

「事業性評価」という概念

 

実際問題、既存の企業評価システムだけでは新規の融資は
困難です。根底にあるものが

 

1.今融資先企業が倒れてしまっても、元本・利息が回収できるか
2.返済ペースとキャッシュフローが見合っているか

 

の二点ですが、
前者は一度でも債務超過になればアウト、ということですし
後者に至っては、そもそも
「プロパー短期・一括返済」でよい融資を
「保証協会の長期」に切り替えた結果、同じ借入金額でも
月次の返済金額が増加してしまい、むしろ現在の中小企業の苦境の一要因にすらなっているのが実態。

 

営業すれば必ず売上が増え、仕事をすれば必ず利益が残る状況での
融資の考え方なのです。要するに、もう陳腐化しているのです。
(拡大戦略をしていれば債務超過になるはずがなく、またキャッシュフローも出るため返済原資が十分に残る)

 

既に、企業はなんでもかんでもやることに意味はありません。
仕事を選ぶ、顧客もあえて選ぶなかで、自らの収益(価値)を
大きくしていくなかで、身の丈に合った成長をしなければ
融資云々の前に利益が残らないのですから。

 

よって今、中小企業にとって大事なことは

 

・自らが収益を出していくための商品・顧客をどのように
 選び、選ばれるのかを、よく考え実践しているか

 

⇒ビジネスモデルの構築と評価

 

・(必ずしも売上拡大に限らないが)将来的に、どのように
 顧客に選ばれ続け、企業価値を高めるか

 

⇒成長性、成長戦略の構築と評価

 

の二点に対して評価を得ることにあります。

 

また、銀行は勝手には気づいてくれません。
企業側からのアピールによって初めて土俵に乗ります。

 

金融庁は銀行に気づくことを求めてはいますが、
銀行員が顧客企業の将来にわたるビジネスモデルを理解・予測
することは、そもそも不可能です。

 

銀行へのプレゼン力が、必要になるというわけですね。
将来のことは思い通りにはなりません。
しかし、検証して、見直しして、再度の試行を繰り返すことで
精度が上がるとともに、想いとして揺るぎないものに
なっていくことにこそ価値があります。

 

冒頭の野上のセミナーをはじめ、今後は事業性評価についても
随時内容をお伝えしてまいりますので、
是非頭の片隅に置いていただければ幸いです。

 

⇒新しい「融資を受けるため」のアピールポイント解説DVD

 

執筆:今野 洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop