2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 経営者の声と銀行員の本音とのギャップを埋めよう

経営者の声と銀行員の本音とのギャップを埋めよう

2016年10月6日号 「銀行とのつきあい方」

 

9月29日、日経記事によると
企業がメインバンクに求めるもののトップ3は

 

  • 長年の付き合いによる信頼関係
  • 自社や自社の事業への理解
  • 支店が近い

 

で、それぞれ40%弱~50%以上の回答率を得ていたとのこと。

 

人により、受け止め方は様々ですが
どうにも私としては、紋切り型の対応ではない、人間味のある
対応を金融機関に求めていることの表れなのではないだろうか
と思われてなりません。

 

一方、「金利条件が良いこと」を挙げた回答者は2割に
満たなかったとのこと。

 

これだけで解釈すれば、なるほど、
銀行はもっと企業を見てくれ(きちんと融資をしてくれ)
となるのですが…。

 

やっぱり、ここは逆手にとることで、銀行を味方にする
のが強い企業の条件だろうな、と確信しています。

 

銀行員の本音

 

金融庁の方針転換で、今金融機関の現場は大変です。
中小企業等経営強化法、ローカルベンチマーク、
事業性評価(に基づく融資)、
金融検査マニュアルの撤廃
ベンチマーク制度による金融庁からの新たな検査体系
これに経営者保証に関するガイドラインなども
含めると、これまでのルールが根底から変わります。

 

これら新制度は、
融資の本道に立ち返って、顧客の事業や将来を見つめて
支援をするという意味で、新しく生まれたものではなく、
王道・原理原則に立ち返るものというべきですが

 

  • 20年もの間、金融検査マニュアルの通りにのみ融資をやってきたので、本来の融資のあり方という考えが失われてしまったところから、再構築をしなくてはならない
  • ・融資担当者はバブル経済崩壊以降3割減少したと言われており、一人ひとりにかかる負担が増している
  • マイナス金利政策により、銀行は短期的にも収益が圧迫されておりリスクをとって融資をするには、かなり思い切った決断が要る

 

などの状況が存在し、銀行現場の本音としては、

 

「これまで金融検査マニュアル通りにやれ、やれと言っておいて、今度は自分で考えろ、と丸投げされてもどうしろと」

 

というのが総意です。
ありがたくも、やっと少しは融資ができるようになるかな、
と考えてくれる銀行員は、どうしても少数派です。

 

正直に告白すると、もし今も自分が銀行員のままだったら…
新制度を正しい、と思いながら、実務上触れる余裕をつくれずに
悶々としながら仕事をしないでいられる、
と言い切ることができません。情けないことですけれど、
銀行現場のおかれている環境が苛酷であることは
間違いないのです。

 

では、この状況を逆手にとって、誰よりも必要な融資を
得られるようになりましょう。

 

企業がメインバンクに求めるもの、それは待っていても与えられないので材料を企業から提供する

 

「信頼関係」をメインバンクに求めるなら、
取引経緯や現在に至る状況、今後銀行に求めるものを

 

「事業への理解」を求めるなら
収益構造や強み、課題や改善活動に将来の構想を

 

「支店への距離」は…、どうしようもないですけれども。

 

口頭では足りないのです、活字で伝えなくてはなりません。
活字だからこそ、担当が替わっても残りますし、何度も言い直す
必要もありませんし、間違いなく伝えられるのです。

 

銀行が理解することを求めるのではなく、
銀行が理解できるだけの説明ができる企業

 

そんな企業が、忙しい銀行業務の中でも
理解できる⇒取組みできる、と銀行側から注目され、
新たな制度を使う機会を得られます。

 

弊社セミナーでは、現在上席コンサルタント・野上智之を中心に
「銀行に「融資するべきはこの企業」と理解させる」
ためのコンテンツを用意しております。

 

詳細はこちらですので、是非内容をご確認いただき、
ご興味のあるもの・必要なものにご来場下さい。

 

⇒セミナー案内ページ
http://www.extend-ma.co.jp/seminar/

 

執筆:今野 洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

中小企業事業承継支援協会
大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop