2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 短期借入がない企業は借り方を間違えている、だから新規融資も得られない

短期借入がない企業は借り方を間違えている、だから新規融資も得られない

2016年11月2日号 「銀行とのつきあい方」

 

銀行の言われるがままだと、長期借入だけになりがち

 

皆様の会社のお借入は、いくらほどあるでしょうか?
短期借入と長期借入とに分けると、いくらずつになりますか?

 

ほとんど、または、全て長期借入になっている場合、
余程の条件が満たされていないと、それは間違っている状態で
資金繰りとしても、資金調達余力を残そうとするにも
不利になることを考えなくてはなりません。

 

このテーマは何度か本メルマガでも採りあげられてきていますので
要点のみまとめておきますと

 

  • 所要運転資金(売上債権+棚卸資産―支払債務)と同額までは「一括返済方式の短期借入、ただし期日には継続を前提とする」借入でよい
  • その上で、設備投資資金等は減価償却やキャッシュフローが月次の返済金額と見合うように考慮しながら長期で借りてよい
  • が、銀行が「プロパーの短期をマル保長期に置き換えることを促進」、経営者が「短期より長期の方が何となく貸しはがしを受けないと思い込んで」それを拒まず
  • 専門家は「同じ借入なら短期借入よりも長期借入の方が流動比率などの財務指標が向上するので、よいのではないかと一面的な判断をして」それを止めない

 

結果、長期借入が過大になる⇒月次の返済金額が過大になり
銀行から一度でも融資を断られれば、即資金が足りなくなるという
状況を生みました。今日の中小企業の資金面が苦しい主要因の
一つです。

 

ただでさえ利益を出すことが難しくなっている世の中、
返済金額ばかり大きくなっては苦しくなるに決まっています。
しかし、この状態は、銀行の手抜きと、企業の無知と、
専門家の近視眼が混じってつくられたものといえ、
いい加減この状態からの脱却を図らなくてはなりません。

 

企業の新たな成長のための運転資金が用意される、が…どんな企業なら使える?

 

昨今世に出た「事業性評価(に基づく融資)」。
これは、企業のビジネスモデルと成長性を評価し、
評価に見合った融資をしよう、という考え方で

 

ビジネスモデル=資金面でいえば企業の回収・支払方法

成長性=資金面でいえば回収(売上)・支払(仕入)の増大

 

と理解することができます。今後も持続的に存続し、成長できる
と評価される企業の新たな取組みについては
(過去の借入の存在や返済負担を考慮しつつも横において)
短期一括返済・継続前提での融資(短コロと呼んだりします)を行う
理屈の上ではリスケジュール中の企業でも構わない…わけですから、

 

・ビジネスモデルとしては、少なくとも今のところ衰退のライフステージではないこと、存続可能性を示せること

 

・必ずしも売上に限ったことではないが、企業としての成長性を示せること

 

この二つが要求されます。
やはり、赤字でこれから改善するため、とか
単に資金繰りがつらいから、とかの理由ではできないものです。

 

皆様の会社で、存続可能性や成長性は、アピールできますか?
不足を感じるなら、融資制度の仕組みよりも、これらの構築を
はじめるのが、結果的に融資を得ることに近づきます。

 

本当のところ、実績は既にある

 

事業性評価に基づく融資、これから始まる制度とはいっても
本来の融資の原則といえる考え方であり、王道回帰といった方が
正しいです。

 

そして、弊社においては事業性評価が制度化されたから、ではなく、
本来の考え方、として「結果として事業性評価を先取りする取組み」
を実施しており、新規融資の実行、という成果を得ています。

 

本当に、企業を再生させ、新たな融資を得たいというならば
この取組みはすぐにでも実施するべきなのです。

 

執筆:今野 洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

メールアドレス
金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

中小企業事業承継支援協会
大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop