2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 【経営見える化】社員のミス・不正・退職を劇的改善

【経営見える化】社員のミス・不正・退職を劇的改善

2016年11月14日号 「銀行とのつきあい方」

 

会社には様々な人が所属しており、
一定以上の数になれば、
社長の目が届かない社員
社長の想いから離れていくばかりの社員
なかなか指導が行き届かず、ミスが減らない社員
というのが
どうしても生まれるものです。

 

会社の業績改善には、社員の協力が不可欠ですが…
裏腹になりがち。
想いだけでは行き違いの解消は困難です。
そんな問題を「経営の見える化」で解消するためのセミナー、

 

⇒社員のミス・不正・退職を劇的改善【経営見える化】セミナー

 

経営は民主主義ではない

 

一定の社員数になってしまうと
社員一人ひとりと日常的な対話がないことから、
社長にとって、全く想定外の角度・切り口から
色々な話が飛び込んでくることになります。

 

そんな中、社長にとって、かなり対応に困る言葉があります。

 

「みんな、そう言ってる」という悪魔の言葉

 

「みんな、そう言ってる」という言葉を言われたことのない
人というのは、いないのではないでしょうか。

 

この言葉は、誰かを説得したり、論破するために
自らが多数派であることを明らかにして、正当であることを
主張するものです。

 

言われた方は、少なくとも心理的には不利になりやすいもの。
自分が普段コミュニケーションをとっていない、
その他大勢の意向を、言われたその場で確認することは困難です。

 

そして、経営者だって人。
社員には仕事をやってもらわなくてはならない
社員の言うことを聞き入れられる社長でないのは器が小さい?
なんだかんだ、嫌われるのはいや…

 

こうして、流されてしまったり、流されはせずとも
プレッシャーを感じながら毎日を送ることになるのです。

 

特に、再生フェーズにある経営者の場合は
普段からストレスがかかっているものですから尚更、
よほど気を強く持っていないといけないのでしょう。

 

経営判断は、多数決とは無関係。特に中小企業は。

 

もし多数決が必ず正しいのならば、そもそも日本の政治は
常に正しいことになる…、という主張は暴論に過ぎるのですが、

 

やはり、中小企業の場合は多数決に従ってもよいかというと、
限られた企業にのみOK、ということになるでしょう。
以下、かなり底意地の悪い内容ですが…

 

・大半(80%以上)の中小企業は、赤字です。右肩下がりです。
 その中では、平均的、典型的な話や人(の主張)もまた
 「右肩下がり」であることが基本です。
 普遍的な原理原則はともかく。

 

・根本的に、何かあったときに最終責任をとるのは
 代表取締役であり、社長です。この意味では社長と社員は
 全く立場が異なりますが、言ってくる社員は自身の主張の
 責任を認識しているのでしょうか?

 

・前向きな提案なら別ですが、この類は実際のところ
 「提案者が楽になる方向」の提案であることが大半です。
 要するに、新しいことや面倒なことをやりたくないだけ
 のことです。

 

・中小企業が唯一、常に大企業に勝るポイントは
 「経営判断のスピード」にあります。それを放棄してしまうと
 わざわざ強みを放棄することになります。

 

総じて、組織が、一人ひとりの社員教育が行き届いている
会社を除いては、これらが感じられます。

 

そもそも、このセリフを言われてしまうことを悔しいと思うべき

 

少数派が逆に正しい、というわけでもありません。
多数派=正しいではない、ということです。

 

が、経営にとってより重く受け止めるべきは
「このセリフを言われてしまうこと」でしょう。

 

会社やそれぞれの状況に照らして
「真にこうするべきだと思う」意見の集約にこそ
意味も価値もあるのであって、多数かどうかが
正当性を高めるかどうかは、ちょっと違うのです。

 

要するに、社長の意思や想いが伝わっていない、
会社として当たり前のものになっていない。

 

だから、自分の(野暮な)意見を通すために
多数であることに頼ろうとする社員が出てきてしまう
のです。

 

みんなが…というセリフで社長に要求をしてこられてしまう

 

この状況を打破、解決できている会社こそ
人的な問題が少ないのです。

 

意思や想いは、根拠・背景があってこそ

 

では、経営者が自らのビジョンや意思、想いを伝えるには?
根拠が必要です。単に売上が、利益が足りない、足りるという
のではなく、「経営の見える化」を、自社に合わせて行うことが
肝要です。

 

今回のメルマガよりも実践的なものとして
「あなたの社員のミス・不正・退職を劇的改善する
 【経営見える化】セミナー」を名古屋で開催することになっています。

 

詳細は
⇒社員のミス・不正・退職を劇的改善【経営見える化】セミナー

 

執筆:今野 洋之

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop