2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
銀行とのつきあい方
  1. ホーム
  2. > 銀行とのつきあい方
  3. > 事業性評価の本質、本来の融資機能

事業性評価の本質、本来の融資機能

やはり、エクステンドの強みというのは
コンサルが30人近く所属し、各々の顧客企業の
状況・対応・結果が積み重なって共有されることからの
実践的なノウハウの量、ということだと思うのです。

 

事業性評価の本質、本来の融資機能

 

前回、事業性評価をはじめとした新制度について

 

「銀行は遅かれ早かれ、取組みをせざるを得ない」

 

ことに触れました。現時点ではなかなか一歩踏み出せない
でいる銀行であっても、今の融資モデルのままでは
銀行自身の将来の収益悪化は避けられないのです。

 

一方、新制度新制度、新しい評価体系で、
これまでにない融資を、といったところで、その本質は
「新しい融資をやらせるための、新しい中小企業評価体系」
ではないことも、確認しておくべきです。

 

融資判断は、どのように?

 

新制度の中でも、例えば事業性評価においては

 

「決算評価(特に資産評価)や担保・保証に過度な依存をしない
 事業の持続的な成長性を評価すること」

 

と理解されます。銀行側の言い分を度外視して考えれば、確かに
現在の融資は事業を評価しているとは言い難く、
貸したお金は、キャッシュフローで何年で返済できるか
(債務償還年数)

返せなくなったとして、銀行に貸倒が発生し得るか
(純資産額、または債務超過額と、債務超過解消年数)
に偏った評価をしていることは否めません。

 

本来の融資の原則

 

しかし、銀行員ならば誰でも最初に教えられる
融資の5原則は「収益性」「安全性」「成長性」「流動性」「公共性」
というものがありまして、簡単にまとめると

 

・収益性:銀行にとって適切な収益があるか
⇒金融庁は、銀行に収益力を求めており、劣る銀行は統合対象になる

 

・安全性:確実な返済が見込まれるか
⇒銀行としては当然保たれなくてはなりませんが不動産担保や保証のみならず、動産担保や、事業そのものの評価が今後世に出てくることでしょう(近い将来、本メルマガでも大きく具体的なお話ができると思います)

 

・成長性:融資先・銀行双方の成長に役立つか
⇒融資先、ひいては地元経済が成長しない限り、銀行自身にも未来はない

 

・流動性:融資資金が適切に回収され、新たな融資として回転するか
⇒現在のなんでも「マル保長期」というのが誤りであって本来は運転資金はプロパーの「短期転がし融資」が基本

 

・公共性:健全な社会の醸成、発展に寄与するか
⇒反社会的勢力等への融資が厳禁なのは、いつでも当たり前

 

という具合です。
新制度や、現在金融庁が銀行に推進している指導内容と符合しています。

 

安全性についてのみ、まだこれからではありますが
総じて、新制度というのは

 

「元々ある融資の原理原則に立ち返るもの」

 

と捉えるのが妥当です。
今、私たちが当たり前として捉えている常識?の方が
ズレていて、歪んでいるのです。

 

これまでの常識を取り払い、今一度原則から

 

銀行に必要なものは、現在が歪んでいることを自覚した上での
本来の原則を取り返すこと、と言えます。

 

では、中小企業は?

 

本来の原則に立ち返ったときに、見合う評価を得られるだけの
自分自身でいられることが、何よりであることは
言うまでもありません。

 

銀行の新制度運用が始まった時点で、真っ先に
担当者が、課長が、支店長が、さらには審査部が
あの会社でできないか、と指名してくるような
そんな会社を、今から目指すべきでしょう。

 

新制度は、改善の進捗や成果を、継続的に対話することで
評価が積立式に上がる形ですから、その時になって
突然、では困難です。

 

是非、もう一度金融の常識を取り払って、
原理原則から見直していただければ、と思います。

執筆:今野 洋之

 

会員制経営支援【エクステンド倶楽部】

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop