2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
銀行とのつきあい方
  1. ホーム
  2. > 銀行とのつきあい方
  3. > 事業性評価の留意事項

事業性評価の留意事項

今後の銀行の融資姿勢を推し量る意味でも
どんな企業が融資を得られるのか知る意味でも
トレンドとなる事業性評価ですが、

 

単純に決算書の数字の変動だけでは評価できない
かといって、何も言わないでいても、銀行側が勝手に
評価してくれるわけではない
ことが、分かりにくさを生んでいるようです。

 

一言で表すと
「持続的な成長」が現実的に可能か、ということなのですが
それで理解せよ、というのも困難な話です。
代表的な評価項目を挙げていくと

 

・業種、取扱商品(の特性)
・自社の強みや弱み
・市場や業界の動向
・地域性
・主要販売先、仕入先との関係性

 

等であり、これらを元にして自社の状況を洗い出し、
課題と対応方針を出していく…ということではありますが
事業性評価においては、これら以外の項目も
大きく採り上げられており、むしろ同等以上に重要とされています。
現在判明している追加ポイントを、まとめておこうと思います。

 

ライフステージ

 

本メルマガでも度々登場しているライフステージですが、
企業のライフステージを
「創業期」「成長期」「成熟期」「成長鈍化期」「衰退期」等に
分類して、ライフステージ別に銀行側も支援方針を変えるという
ものです。ライフステージが衰退期だからといって、無条件に
融資が出なくなる、というわけではありませんが、その場合には
下記ポイントを含め、

「表面上、一時的にはライフステージが衰退期であっても弊社は持続的な成長を達成できる」

ことを示す必要があります。

 

競合や地域シェア

 

競合他社との力関係や、地域におけるシェアは、売上に対する直接的な
影響力があるため、その動向を前向きに示すことができる企業は
大きな説得力を持ちます。例えば

 

・地域に競合は4社あるが、内1社は今年地元から撤退の見込み、
 1社は営業部長が定年退職しており当面営業力が減退する…

 

といった具合で、これまで銀行との対話の中では大きく扱われることの
なかったやりとりが発生することになります。

 

※当然、風説の流布などへの配慮が十分以上に求められます。

 

新規参入や代替品

 

大手企業の参入可能性がどれほどあるのか、
代替商品の誕生により、自社取扱商品のニーズが急減しないか
に触れる項目です。
10年先ともなれば中々予測の困難なものではありますが、
現状において、どれ程その脅威が見込まれるのか
万一脅威が現実化した場合に、どのような対応を行うのか
示すことのできる企業は大きな評価を得られるでしょう。

 

成長ポイント

 

これらの各ポイントを前提に、企業の「持続的な成長」を
示す指標を独自に定めることができます。必ずしも
融資評価上の指標や、決算数値で表現される指標に
限らなくともOKです。
例えば

 

・顧客単価
・人件費/売上
・経常利益+減価償却
・売上総利益/社員数
・残業時間/社員数

 

等、それぞれの企業の改善、成長ポイントに則した
指標を自ら挙げて、実際に改善していくことになります。

 

いかがでしょうか?
自らの創意工夫をもって、銀行をこちらから動かしていく、
そんな企業がこれからも生き残っていけるということを
ご理解いただければ幸いです。

執筆:今野 洋之

 

会員制経営支援【エクステンド倶楽部】

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 特定支援業務
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

大阪商工会議所
エクステンドM&A
pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop