2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 日に日にアップデートされる新制度

日に日にアップデートされる新制度

2017年6月15日号 「銀行とのつきあい方」

今まではブレーキとエアバッグだけ注視してきたが、今後はクルマ全体の性能を見ないとダメだ

 

金融庁・森信親長官が5月に、国際金融協会の春季総会で発したコメントです。
もちろん、自動車そのものに触れているのではなく、例えであって実際には金融機関、銀行に向けての発言です。

 

ブレーキやエアバッグというのは
安全性=銀行の持つリスク、を監視してきた、ということでしょう。

 

となれば、クルマ全体というのは走行性能や燃費、耐久性などなど融資をはじめとした様々な金融サービス全体と、銀行自身を指すでしょうし、

 

例えを拡大解釈すれば、それぞれの車種の特性を活かした融資判断やリスクテイクを行い、銀行自身も発展していけるかどうかとも解釈できます。

 

今後とも、金融行政は銀行に対して、銀行自身の今後の在り方を問う方向性であり、企業同様に、銀行もまた、変わることを求められていくのでしょう。

銀行に「NO」と言わせない交渉術

銀行が変わらなければならない、というのは銀行自身も長期的に現在のビジネスモデルでは総融資額の減少が避けられず、既に収益の悪化が進んでいることを背景に、今後の銀行経営が、これまでの金融庁の画一的な監督・指導から脱却、各銀行の独自判断を認める代わり、地域経済・企業に貢献し、発展に寄与していくことです。

 

新制度の理解が大事

要するに…、金融庁は銀行に
「このままだと銀行も倒れるけど、どうやって融資を行うの?」
「融資のみならず、どうやって企業としての収益をだしていくの?」
「何をするかは任せるけど、結果は監視するからね」
と言っているわけです。

 

一方、銀行の本音は…
「これまでと違うことをいきなり言われても」
「でも、このままだと自分も行き詰まるのは確か」
「どうする?」
といったところ。

 

ここに、「NOと言わせない交渉術」の根底があります。

金融庁の出す、新たな制度・規定に基づいた根拠を自社に適用して、企業側から銀行にアピールすること。

銀行員がまだ知らない・現場ではまだ運用されていない制度も

 

・これでいきたいので、やらせてください
・新制度の思想に則っているので、銀行にとってもいいことです

 

として、融資担当者には「巻き込まれていただく」くらいがちょうどいいのです。

 

執筆:今野 洋之

 

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop