2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 名古屋・東海地方の銀行対策・倒産回避の『ツボ』
  4. > 運転資金

運転資金

2015年3月11日号


今回は、売上が増加するとなぜ資金が必要になるのかについてお話しさせて
いただきます。
売上が増加すれば、資金繰りがどんどんラクになると思ってみえる方はいま
せんか?



ベテランの経営者の方はその様に思われる方は非常に少ないと思いますが、
事業を初めて行う経営者の方はそのように思ってみえる方もみえるかと思い
ます。
利益が継続して出てこれば、長期的にみればそのようになりますが、当面は



逆の現象が起こるのです。例をあげてご説明させていただきます。
例えば卸売業を営んでいる場合、メーカーから商品を仕入し一度在庫として
保有。
その後、注文に応じ納品を行い売上高を計上(売掛金として)。



この場合は仕入が先行し、売上高が入金となっておりませんので、商品の仕
入資金を立替えている状態となります。さらに商品を在庫として保有する事
で資金が寝る状態(滞留)となり、売掛金の長さと在庫の量によって資金が
必要となるのです。



反対に支払いを遅くすれば資金繰りはラクになるのです。
つまり、回収は出来るだけ早く、支払は出来るだけ遅くする事で資金繰りは
ラクになり、運転資金は少なくてすむのです。
これを計算式にあてはめると、



(売掛金+受取手形+棚卸資産(在庫))-(買掛金+支払手形)=

                     
経常運転資金となります。



次に立替期間について説明させていただきます。
売上条件が月末締めの翌々月払いとすると、平均を取って売掛期間は



2.5ヶ月となります。在庫として平均月商の1ヵ月分を保有していると仮定。
支払条件は月末締めの翌月末支払とすると、買掛期間は平均で1.5ヶ月となり
ます。
これを上記の計算式にあてはめると、



売掛金2.5ヶ月+受取手形0+棚卸資産1ヶ月-買掛金1.5ヶ月+支払手形0=
2ヶ月の立替期間が発生している事になり、これが必要運転資金額と言われる
ものです。
この2ヶ月の立替期間は売上が増加すれば月商も増える事から金額としても増加



する事となりこれが増加運転資金と言われるものです。
次第に利益を積み重ね現金が増加してくると運転資金の借入を減少させても現金
で充当できるようになるのです。
以上で売上高が増加するとなぜ運転資金が必要になるのかのご説明になります。

「2015年3月11日号」執筆:山中肇

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop