2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 個人事業主では融資が受けにくい?

個人事業主では融資が受けにくい?

【質問】

妻が個人経営の事業を営んでおります。
1年たちませんが、黒字になっております。

設備の資金を借り入れたいのですが、合同会社を作って申し込みをしたほうが有利だと教えられました。

会社にすれば、何かと経費がかかります。
個人での申し込みは、不利なのでしょうか。

よろしくお願いいたします

(N様)

【回答】

法人と、個人事業主では、法人の方が、融資審査においては有利となります。

次の理由からです。

1.法人を設立して運営していうことは、事業をしっかり行っているという証となる。
2.個人では、個人の私生活の財布と事業の財布とが一緒になりがちであるが、法人では明確に分けていることになる。

また、融資審査においては、法人設立後何年、というのも一つの審査項目であるので、後々のスムーズな融資のことを考えると、法人化は早ければ早いほどよいでしょう。

ちなみに私自身、5年半前の2004年9月まで銀行員で、2004年10月に現在の仕事をはじめましたが、独立開業と同時に、法人を設立しました。

書籍で会社設立方法を調べて、全て自分で手続きを行いました。
また、合同会社より株式会社にしてください。

株式会社の方が融資審査はずっと有利です。

銀行からすると、「合同会社?なぜ株式ではなく合同なんだろう・・・。なんか、言えない理由があるのかな?」と思いますよ。

奥さまは、今後ずっと、事業を行っていくお考えですよね?

会社を作ると費用がかかる、経費がかかる、というような「目先の利益」にとらわれていると、事業を伸ばしていくことはできないですよ。

考え方を変えてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Google+

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop