2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 銀行に決算書を良く見られるようにする方法

銀行に決算書を良く見られるようにする方法

【質問】

決算月は特に、手元に現金を残すべきか?支払手形を減らすべきか?

当社はアルミメーカーの販売店で年商3億円、3月決算です。

創業22年経ちますが、売上高こそ伸び悩んでおりますが、おかげさまで毎年黒字決算です。

支払サイトは月末締め翌月末現金支払、基本的には50万円以上100%手形(125日)です(比率でいうとだいたい30%現金支払、70%手形)。

当社への入金方法は、80%現金、20%手形、です。

当月の売上と、手形決済月の売上予想を吟味して毎月振出す手形の総額を私の「カン」でだいたい決めており、その総額を上回った場合、さらに現金入金が多かった月の場合は50万円以上でも現金で支払っています。

そこで質問です。

A:現金で支払えば当然手元現金が減る、支払手形の負債も減る
B:基本通り(50万円以上100%手形)の支払方法にすれば手元現金は残る、負債増える

銀行はどちらの決算内容のほうが好ましく思うのでしょうか?

(S様)

【回答】

支払手形と現金との支払比率によって、次の2つに分かれますので、それぞれの場合の貸借対照表の財務指標を考えてみます。

銀行は、融資先企業の決算書から、財務指標を算出してそれで企業格付を決めていきますので、このような場合、財務指標への影響を考えていきます。

現金(少)支払手形(少):
総資産が少なくなるため、自己資本比率(純資産÷総資産)は向上。
流動資産、当座資産は少なくなるが、流動負債も同じ金額少なくなるので、相対的に、流動比率(流動資産÷流動負債)、当座比率(当座資産÷流動負債)も向上。

現金(多)支払手形(多):
上の逆

ということで、現金で支払って支払手形を少なくする方が、財務内容が良化し、企業格付もよくなる、ということになります。

ただし、現金が少なくなるということは、資金繰りにも影響が出る、ということで、資金繰り第一、で考えていってください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop