2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 新規銀行から低金利融資で借換えを勧められた

新規銀行から低金利融資で借換えを勧められた

【質問】

先日、ある銀行(A行)が飛び込みで来社して、通帳でもいいから作らせてくださいということで通帳を作りました。

そのことがきっかけで、決算書を提出する機会があり、2,000万円(金利1.9%・36ヶ月返済・担保無し)、運転資金で貸すことが出来るといわれました。

せっかくなので、借りることにしました。そのお金で他行の分(金利が高い)を返済しようと思うのですがどのようにしたら一番よいでしょうか。

また、繰上返済したときはどのような影響があるのでしょうか。

ちなみに、他行の融資は、

B行 金利4.15%・当初4,000万円・5年返済・残金1,000万円・後14ヶ月で完済・設備資金・担保無し・この銀行は余り当社に関心なさそう

C行 金利2.875%・当初6,800万円・10年返済・ 残金6,300万円・後111ヶ月で完済・担保有り・メイン銀行

です。
(F様)

【回答】

あなたの会社の資金繰り状況をまず見る必要があります。

融資は、一括で返すことはすぐできても、将来また融資を受けるのはとてもエネルギーが
いることです。
そんなに簡単に他行の融資を返してもよいのか、考えてみてください。

あなたの会社がよほど資金繰りに余裕があるのでなければ、他行の融資は返さないことです。

会社によりますが、現金預金が年間を通じて一番少ない時でも、月商の3か月以上の現金預金が残るのでなければ、他行の融資は返さないでおくべきです。それが安全な会社経営です。

また、他行の融資を返済するにしても、それは「他行にけんかを売る」ことを意味します。別の銀行からの融資で自分の銀行の融資を返済されることは返済される銀行としては、屈辱、ということになります。

返済する銀行と、もう付き合いをしない、ということであればそれでもよいですが、その銀行とも付き合いを続ける、融資を受けていくつもりであったら、返済はしないでください。

特に、メイン銀行であるC行の融資を返済するのは言語道断です。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop