2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 住まない土地・建物に住宅ローンを組む

住まない土地・建物に住宅ローンを組む

【質問】

住宅ローンを組みました。先に土地分だけ実行して、後は家を建ててからなのですが、誤算があり返済がきつくなってしまいました。

新築と同時に賃貸に出したいのですが、当方仕事の関係で、住んでないところに住民票を置いたままにはできません。

新築後ほんとに居住してるか内偵にくることがあるとのことですが、期間的には築後どのぐらいまでですか?また賃貸がばれれば何らかお咎めがあるものなんでしょうか?

正直に話した方がいいですか?何かいい知恵ありますか?

一番心配なのは公務員のため仕事に影響があってはと思います。
何かアドバイスくださいませ。よろしくお願いします。

(K様32歳)

【回答】

住宅ローンは、居住するための住宅建築・土地購入をするためのものですので、もしそうでない場合は厳しいおとがめがあることがあります。

もしかしたら一括返済の要求がくるかもしれません。

しかし、現場の経験から言うと銀行員は忙しく、また事なかれ主義なので、本当にその場所に住んでいるかどうかは、住宅ローンを実行したあとはほとんど気にしません。

わざわざ内偵には行かないでしょう。
行ったところで銀行になんのメリットもないのですから。

しかし、住宅ローン実行まではくれぐれもばれないようにやってください。ばれると、家を建てる分のローン実行を止められてしまう可能性もあります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop