2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 銀行へのビジネスモデルの提案

銀行へのビジネスモデルの提案

【質問】

第34号の「お願いセールス」という部分を読みますと、銀行マンは多大なノルマを抱え、苦慮しているように見受けられました。

例えば提案営業一つとってみても時間がないなど切実に感じられました。
ここで質問なのですが、仮に新たな土地の有効活用(2億から3億ほどの融資を伴う)として有望なビジネスモデルを提案できる人間がいたとした場合、銀行マンもしくは銀行そのものがこの者に対して1件の提案につきいくらか提案料として支払うことは余地としてはあるのでしょうか(もちろん成功報酬的な仕組みもその範囲に含まれます)。

もし支払う余地がある場合、いくら位が支払える金額になるのでしょうか。
このへんの感覚は、全く分からないので、お忙しい折に誠に恐縮ではございますが、何卒ご教示頂きたくお願い申し上げます。

(K.H様 33歳)

【回答】

銀行がビジネスモデルの提案に提案料を払うことはまずないでしょうね。
成功報酬としても払わないでしょう。

銀行は昔から保守的な組織であるため、提案に対して報酬を払うという考えはないのです。
銀行員がなかなか提案できないのは事実ですが、だからと言って銀行外の方の力を借りようという考えはありません。

あっても報酬は払わないでしょう。そこが銀行の柔軟性が掛けている部分なのですが。
K・Hさんの言われる発想が銀行にあってもいいように思います。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop