2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 個人の収益物件購入のための借入が難しいことについて

個人の収益物件購入のための借入が難しいことについて

【質問】

個人の収益物件購入のための借入は難しいことについて。 確かに現実はそのとおりだと思います。

ワンルーム投資のための融資なども、「スルガ」や「りそな」など一部では提携している所もあるようですが、殆どはノンバンクですね。担保もあり、家賃収入などを考えるとリスクはそれ程高くなさそうですが、どうして貸し出しをしないのでしょうか?

住宅ローンは派手に宣伝しているのに、どうも理解できません。
ワンルーム投資などは、銀行の目から見るとリスクが多過ぎて貸せないということなのでしょうか?

【回答】

住宅ローンと、アパート購入のための融資、その2つには大きな違いがあります。

住宅ローンは、住宅を購入するために組むものであり、その返済のもととなるのは、サラリーマンで言えば給料です。

住宅の資金は生活費であり、返済の源泉は給料に求められます。

アパート購入のための融資は、返済のもとは賃貸収入です。毎月の返済額を上回る賃貸収入がなければなりません。

特にワンルームマンションの投資の場合、1つの部屋に借り手がつくかつかないか、二つに一つです。

もし部屋の借り手がいない場合、返済の源泉がないことになります。銀行は、そのリスクに及び腰になります。

そのため、銀行が融資できない分野をねらう、ノンバンクからの融資が多くなります。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop