2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 連帯保証人が所有するアパートの売買

連帯保証人が所有するアパートの売買

【質問】

私は、会社を昨年倒産させました。

連帯保証人は私と私の母がなっていて銀行借入は全て保証協会付きでしたので協会へ全ての残債は移管しています。

又、現在母がアパートを所有していますが、この部分にはアパートローンが設定されています。これを、妻名義で購入したいと考えていますが、銀行での借入により、妻が母からアパートを購入したいと思います。尚、私と母は現在は自己破産はしていません。又妻のアパート購入時には、銀行借入の保証人には姉夫婦がなってもらえます。

この場合、妻がアパートローンを新たに他行等で組んで新規に借りることは出来るでしょうか?

(N・K様 40歳)

【回答】

この事例は、保証協会が銀行に、あなたの会社が受けていた融資の代位弁済を行い、代わりに保証協会から、連帯保証人であるあなたとあなたの母に、保証協会が代位弁済した分の支払請求が行くという形になると思われます。

この場合、保証協会の、母への保証履行請求権は、アパートの売却という形で妨げられてしまいます。そうなると、法律的にこの売買は無効となると思われます。

たとえいったんアパートの所有権が妻に移っても、妻は母が保証人となっていたことを当然知っていたことになりますので、保証協会が訴えれば所有権移転が無効になると思われます。

そうでなくても、この事例では、あなたの母から妻へのアパートの売却というパターンであり、それは特殊なパターンであるので、銀行は絶対に、その理由を調査します。そこで、そのような事情が分かってしまいますと、銀行が融資をすることはまずないでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop