2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 1行取引であるが新たな銀行から融資を受けると印象悪い?

1行取引であるが新たな銀行から融資を受けると印象悪い?

【質問】

現在創業以来一行の銀行取引と、国民金融公庫から融資を受けております。

今回、興信所の調査を受けましたが、担当者が帰り際にサブ銀行を設けた方が良いとアドバイスを受けました。

会計事務所に相談したら、今後現在取引銀行から融資が受けづらくなるから考え直すようにアドバイスがありました。

この不況により、売上ダウンにより資金繰りが苦しくなっております。
また決算は2期続きで赤字になりそうです。

昨年、手形貸付で融資を受けており、期日書替で繰り返しておりましたが、
今年1月セーフティネットによる融資で月払いになりました。

担当者はプロパー融資の枠が空いたから、必要な時はいつでも手形貸付で融資しますとの言葉です。

紹介された銀行より訪問受け、再度セーフティネットで別枠で申し込みしてあげますとお話を頂いております。

取引銀行を増やしたら、既存の取引行から融資が難しくなるのでしょうか。

(K様)

【回答】

取引銀行を複数にするのは、銀行とのつきあいにおいて基本です。
1行では絶対いけません。せめて2行にしてください。

今の銀行は、御社が別の銀行から融資を受けるのを見て、安心するはずです。
なぜなら、1行取引であればその銀行としても荷が重いからです。

複数の銀行とつきあって、融資の選択肢を広げておくことはとても重要です。
新たな銀行から融資を受けて、今の銀行から融資が受けづらくなることはありませんが、ただ新規銀行の融資で今の銀行の融資を返すようなことだけはやめてください。

それはとても心象悪いです。また、別銀行と取引を考える時は、今の銀行にあらかじめ一言、言っておくとよいでしょう。

※前回のQ「サラ金に過払い請求を行うとどうなる?」にて、読者の方から間違いのご指摘と、詳細な情報をいただきましたので、掲載させていただきます。

前回のメルマガで過払請求したら、ブラックに載ると書いてありますが、それはちょっと違うます。ブラックとは「異動情報」の事であり、自己破産、任意整理、代位弁済、3ヶ月以上の延滞、をしたら異動情報に載ります。

異動情報は、銀行、クレジット、サラ金系のすべての情報機関で見られてしまいます。

過払い請求はその中の任意整理に当たるか当たらないかですが、過払い請求そのものだけでは当たりません。

もう完済して契約が終わっているのを過払い請求したら、情報機関には何も載りません。

残高がありそれを過払い請求して、それでも残高が残って、それを交渉で分割にしたら、任意整理扱いになります。

残高がありそれを過払い請求して、残高が残らず過払いが生じた場合は、任意整理ではなく、契約見直し、完済。

という扱いになり、任意整理には載せる事が出来ません。

金融庁の決まりで、破ったら指導又は改善命令が来るからです。

契約見直しの情報は参考情報であって、異動情報、俗にいうブラック情報にはなりません。
その参考情報はクリン(※銀行・クレジット・サラ金系の個人信用情報機関で情報を相互共有するシステムのこと)で結ばれておりません。

その参考情報でさえ、6月には、その項目じたいなくなる見込みです。
契約見直しという言葉を使っているのは、サラ金系の情報機関、全情連だけです。

銀行系やクレジット系の全銀協やCICはそのような項目はありません。
過払い請求したらブラックに載るというのは間違いで、ようは、請求の仕方なのです。

サラ金やクレジット会社に借りて、もう返済が終わり、契約が終わっているものを過払い請求しても何も載りません。

その金融会社が載せる事は不可能なんです。
個人情報の同意が消滅しているからです。

ただ、まだ残高がある状態で過払い請求する時は慎重に考えてやらなければなりません。

例えば今、消費者金融に50万円の残高があり、過払い請求をして、仮に残高が10万円に減ったとしても残高が残っているので、任意整理にされる可能性が大きいです。

ただ、その10万円を一括返済すれば任意整理に該当しませんが、たいがい、その10万円を分割にして交渉してしまうんです。

特に弁護士は。そうしたら完璧に任意整理扱いとなって、ブラック情報、正式には異動情報に載ってしまうんです。

残高が残る場合はある意味、交渉とテクニックが必要なんです。

しかしながら、テクニックと交渉が全員うまくいくとは断言出来ませんので、残高が残ってしまう過払い請求は任意整理扱いになると思った方が間違いありません。

一方、残高が50万円あり、過払い請求したら、もう、とっくに残高が0になっていて逆に過払金が出て、30万円戻って来たという時は、任意整理にはなりません。

だってもう、とっくに債務が消滅しているからです。

消滅している債務を情報機関に債務整理と載せる行為をしたら、その金融会社はどうなりますか?

もうおわかりですよね。
ただ悪あがきで、サラ金系が加盟している、全情連だけは、参考情報に、契約見直し、完済。としているだけなんです。

ある意味、異動情報には載せないけど、参考情報には載せるよ!という脅しなんです。
過払い請求をさせたくない為に。過払い請求が山のように出てきた為、急きょ作った項目が、契約見直しなんです。

その契約見直しの項目が6月頃にはなくなるというのは、金融庁が、なぜ、全情連だけそのような項目を付けているんだ!債務が消滅している人をいくら参考情報だとしても、載せるのは不平等だ!となって、サラ金業界や全情連が自主的に契約見直しの項目を削除する方向で動いている。

というわけです。

だから、過払い請求も、やり方によって、ブラックになる、ならない。が決まってくるんです。

※Y様、詳細な情報、どうもありがとうございました。Y様の許可の上、当情報を掲載させていただきました。

またメルマガ読者のみなさま、私の前回のQ&Aでの回答が正確性に欠けており申し訳ございませんでした。

当メルマガの良いところは、58,000名の読者が読んでおり、私が間違ったことを言っていれば、すぐに指摘をいただけ、それを読者のみなさまにも共有できるところだと思います。
多くの中小企業経営者様のお役に立てる情報を今後もがんばって書いていきたいと思います。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop