2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 信用保証協会保証付融資をリスケジュールすると なぜ保証料は追加されるのか

信用保証協会保証付融資をリスケジュールすると なぜ保証料は追加されるのか

【質問】

信用保証協会保証付の融資を5000万円受けています。
毎月の返済が厳しいので返済期間を延ばし、少しでも毎月の返済額を減らしたいと思っています。

金融機関にあたったところ

(1)条件変更になるので次回の融資がかなり難しくなる
(2)信用保証協会への保証料を、追加で支払うことになる

と言われ、迷っています。

(A様)

【回答】

あなたの会社は、信用保証協会保証付融資や、プロパー融資(保証協会の保証がない融資)で、新規融資を受けることが困難なのでしょうか。

新規で融資を受けることが可能なのであれば、それで既存分融資の借換えも合わせて行うことにより、増額融資分で現預金に余裕を持たせることをまずは考えるべきです。

それであれば条件変更(リスケジュール)になりません。
もし新規融資が困難な状態なのであれば、返済負担が大きいのであれば毎月の返済金額を減らすことを考えますが、それはリスケジュールとなりますので、リスケジュール期間中は新規融資は困難となります。

なぜなら、リスケジュールで既存融資の返済が進まないのに、新規融資で融資金額を増額するのは困難だからです。

またリスケジュールを行うということは、返済がそれだけ遅く進むことになりますので、信用保証協会が保証する金額が大きくなります

(例として、4年返済、金額2,000万円での融資を考えてみてください。毎月返済が進むことで、時間がたつにつれて保証協会が保証している金額は少なくなる、例えば融資を受けて2年後は残額は1,000万円になり、保証協会が保証している金額は1,000万円になりますが、融資を受けて1年後にリスケジュールを行った場合、融資を受けて2年後の残額は1,500万円になります)。

信用保証協会が保証している金額がなかなか減らないということは、それだけ保証料もかかることになり、リスケジュールを行うと、保証料を追加しなければならなくなるのです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop