2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 会社員を兼務していて事業資金の融資を受けられるか

会社員を兼務していて事業資金の融資を受けられるか

【質問】

私は現在会社員として勤務しております。
ですが、在籍中に私個人で新しく事業を立ち上げたいと考えております。

ある程度準備ができたら会社は退職するつもりです。

雇い入れの予定はないので法人化はせずしばらくは個人事業主で運営していく見通しです。

もちろん会社には内緒になるのですが、雇用されている立場で銀行や日本政策金融公庫からの事業用の借り入れは可能ですか?

資本金が全くないので借入れができてからではないと事業を始められないと考えています。

退社してからでないと借入の手続きは難しいのでしょうか?

貯金をしてから始めるには今の収入では無理なので今回の様な考えに至りました。
まとまった額の借り入れなど生まれて初めての事なので何を準備し、どちらに相談すれば良いのか分からなく、右往左往しております。

ちなみに、飲食関係で新しく頑張っていこうと思っております。
また、昔、債務整理をしたことがあります。これは借入の際マイナスになりますか?

(T様)

【回答】

銀行は、事業の実態を見ますので、会社員兼務であろうとなかろうと、そのこと自体では、審査に影響はほとんどありません。

また、創業の時は日本政策金融公庫の創業融資にトライしてみることが通常ですね。

創業融資にはいくつか条件がありますので、日本政策金融公庫のホームページなどを見てみてください。

また、債務整理の情報は、個人信用情報に掲載することになりますが、通常は5年で消えます。個人信用情報機関に出向いて、ご自身の信用情報がどうなっているか確認してみることをお勧めします。

ただ日本政策金融公庫は、個人信用情報をほとんど見ません。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop