2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 手形貸付と証書貸付で連帯保証人の差があるのか

手形貸付と証書貸付で連帯保証人の差があるのか

【質問】

創業3期目のネットショップを営業しております。
過去2期は赤字で今期売上高5,000万円、利益100万円を見込んでおります。

商品在庫の増加に伴い、300万円の融資を信金に依頼しておりますが、証書貸付が無理とのことで手形貸付を勧められております。

過去に手形貸付200万円を信金から受けた際、240万円の限定根保証約定書というものを交わしてたこともあり、あまり手形貸付は受けたくないのですが、他の金融機関へも打診をして証書貸付にした方が良いでしょうか。

(T様)

【回答】

限定根保証約定書は、T様が、御社の借入の連帯保証人となるために信金と交わしたものでしょう。

240万円の限定根保証とは、240万円を限度として、信金から御社が受ける融資の連帯保証人にT様がなる、という意味です。

代表者は必ず、保証人となりますので、このような取引は普通にあることです。

証書貸付では、銀行と交わす金銭消費貸借契約書の連帯保証人欄にT様の名前を書くことになりますので、結局はその保証人になることになります。

保証人になることについては、差はないでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop