2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 銀行員の融資売り込み

銀行員の融資売り込み

【質問】

都市銀行からの借入金を一度リスケしてもらったのですが、市況が思わしくなく返済が厳しいと思っていたところ、タイムリーに信金から全額肩代わり(保証協会付融資+一部プロパー)の話があり、現在はキャッシュフローが返済とちょうど見合っています。

7年後には予定通り完済できる計画です。

今年に入り地域貢献企業の認定を受けたため保証料ゼロの融資が別枠で受けられる資格があるといって、新規融資の話を信金が持ち込んできました。

当社は債務超過は脱したものの累損損失が大きく、再建途上です。
この状態が分かっていながら新たに融資案件を持ちかける金融機関の態度に納得がいきません。

一般論として、取引先の財務状態を健全化させることと、金融機関(担当)の成績、どちらを優先するものなのでしょうか?

(N様)

【回答】

融資は、受けておくべきです。

そりゃあ、金融機関担当者は融資を売ることにより成績が上がりますが、一方で御社は、資金を潤沢に持っておくべきです。

月商の3ヶ月分ぐらいの預金保有が安全圏であり、そんな状態でないなら、ありがたい話として融資を受けておくべきです。

必ずしも、借入0の状態=財務健全化、ではありません。

借入0であるが資金繰りが厳しい状況であれば、不健全状態となってしまいます。
財務健全化とは、資金繰りが詰まらないほど豊富な預金を保有する状態のことを言います。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop