2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 定期積立を解約したい

定期積立を解約したい

【質問】

ここにきて顧客の減少等で、資金繰りが苦しくなっております。
さて、2年ほど前に銀行より2,000万円の融資を受ける条件として、毎月20万円の積立を課せられました。

積立と融資返済とを合わせ、現在は半年で120万円、月20万円のの支出超過となります。ちょうど積立額と同じなので積立の解約を申し入れると、手形貸付にしてくださいと言われました。

その繰り返しで借入が240万円に達し、余分な利息を支払っているように思います。
積立は継続してもよいですが、返済も滞りなく支払っているので、満期前の解約はできないものですか?

(S様)

【回答】

積立は自由に解約できるものであり、解約は可能ですが、一方で銀行としては、積立と融資、両建ての状態では利益が大きく出るので、積立の解約は嫌がります。

例えば、定期預金3,000万円があり、一方で融資が4,000万円ある企業においては、
定期預金の利率0.1%、融資の利率2.0%とすると、

その企業から得る年間利息は「4,000万円×2.0%-3,000万円×0.1%=77万円」、
その企業に対しての実質融資は「4,000万円-3,000万円=1,000万円」、
実効金利は「77万円÷1,000万円=7.7%」、

このように融資の一方で多くの預金(定期預金や定期積立)がある企業においては、
銀行の実効金利は高くなる、つまり銀行はその企業から多くの利益を得ることになります。

このため、融資と預金、両建てを銀行は企業に求めるのです。
一方で企業は無駄な利息を支払うことになります。

銀行に、積立の解約を求めてみましょう。なおその積立預金が銀行の担保に入っていないのであれば、その積立預金は融資の返済に充てなくてもよいです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop