2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 信用保証協会保証付融資のリスケジュール交渉

信用保証協会保証付融資のリスケジュール交渉

【質問】

前期の後半から赤字に転落し、売上は減少しつつありますが、コスト削減により、今期後半から多少の黒字に転換してきました。

ですが、このまま返済を続けても現金がまかなえなくなるようになってきましたので現在信用金庫2行、日本政策金融公庫(以下、日本公庫)とリスケジュール交渉中です。

A信用金庫プロパー1件、保証付融資3件融資残高17,000千円
B信用金庫保証付融資1件融資残高 2,650千円
日本公庫融資残高 2,760千円

1年間、元本は0円の利息のみの支払いで交渉しておりますが、日本公庫は「多少の利益はあるものの大幅な売上減でできうる限り希望に添えるようには・・・」という状況で交渉中です。

B信用金庫は条件変更依頼書を提出後の翌日には信用保証協会へ申請するので印鑑をいただきたいと言われ、こちらの希望通り1年間元本は0円でまとまりそうです。

上記のとおり、B信用金庫からは何も言われなかったのですが、メインのA信用金庫は

「保証付融資は、元本の返済0円は信用保証協会の制度上、困難。元本は半分ではないとできない」

と言われました。

融資残高に大きな差がある分、それぞれの対応の違いはあるかとは思いますが、そもそも信用保証協会にそのような制度はあるのでしょうか?

地域によって制度の違いなどはあるのでしょうか?

(M様)

【回答】

リスケジュールにおいて元本返済減額は半分まで、というルールがあるわけでもなく、

1.信用金庫の担当者の知識不足(信用保証協会とのリスケジュール交渉の経験不足)により、信用保証協会の言われるがままに伝えているだけ

2.信用金庫側が元本は半分までしか減額できないと考え、それをあたかも「信用保証協会の制度」が理由であるように言っている。

この2つの背景が考えられます。

このような場合、私たちがよく使う手は、信用保証協会への直談判です。

直談判をし、信用保証協会の担当者から「信用金庫の判断に任せる」ということを言われたら、次は信用金庫に行き「信用保証協会に直談判したが、信用金庫の判断に任せると言われたから、元金返済を0にしてほしい。」と伝えてみてください。

融資を出しているのはあくまで信用金庫なので、信用保証協会は元金減額をどこまで認めるかを交渉する相手ではないのですが、「信用金庫の判断に任せる」と言われたら、「信用保証協会の制度」とはもう言えなくなるので、信用金庫は元本0の交渉の席につかざるをえなくなることでしょう。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop