2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > どこの金融機関から制度融資を受けるべきか

どこの金融機関から制度融資を受けるべきか

【質問】

弊社は、年商5千万円程度の町工場です。
今まで、あまり融資に頼って経営しなかった(保証付融資のみ)こともあり、融資にかかわるノウハウがありません。

設備の老朽化もすすみ、従業員への教育に加え、無手形化に取り組みたいとも思っており、融資の申し込みを考えております。

現在取引があるのは信用金庫2行、借入があるのは1行だけですが、緩やかながら成長戦略に取組んでおり、今後の事業の発展も念頭に取引金融機関(都市銀行)を増やしたほうがよいのかどうか、という悩みもあります。

ちょうど良いタイミング、なのでしょうか。

最近、「経営緊急融資(東京都の制度融資)」の利用を新規都市銀行や既存信金側から勧められております。

特に都市銀行には将来に向け、保証協会の全額保証があるうちに新規の取引実績を作っておくことを勧められております。

そこで質問なのですが、

1.「経営緊急融資」を複数の金融機関に分散して申し込むことはできるのでしょうか?
(つまり、取引のある信金の顔を立てつつ、新規の都市銀行への実績も作る)

2.できない場合、「融資残高のある信金」「残高が無いが取引のある信金」「新規の都市銀行」の3行から選ぶことになると思いますが、その際、どのような点に気をつける必要がありますか?

(T様)

【回答】

まず1ですが、同時期に複数の金融機関に申込んでも、保証協会からはどこか1行にしてくれ、と言われることでしょう。

次に2ですが、御社の売上規模から、取引金融機関を増やすのなら「残高がないが取引のある信金」がベストの選択肢ですね。
まずは当制度融資を利用して返済実績を作り、次の段階(プロパー融資)をねらっていく戦術は間違いないのですが、将来、プロパー融資を考えてくれるとしたら、御社の売上規模的に、信金が一番考えてくれやすいからです。

都市銀行で将来、プロパー融資を検討してもらうなら、売上規模は最低10億円はほしいところです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop