2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 積極的に融資を提案されるが、その対処方法とは

積極的に融資を提案されるが、その対処方法とは

【質問】

弊社は今のところ、銀行からは融資提案がよく来ますが、融資を受ける必要
がない状態です。
融資を受けるとすれば、出店等投資の時だけで、しばらくは出店予定も
ありません。
ですので、いつも提案をいただいてもお断りする状況になっています。
また、キャッシュフローを圧迫するので、毎月の返済額が増えないように
気にしながらやっています。
金利の低い提案を銀行が持ってきていただいても、借換するしかないのです
が、むやみに借換するのも銀行とのおつきあい上あまりいいことではないと
聞きまして、それもできません。
何回も提案いただいていて断り続けた場合、いざとなると融資が出なくなる
のではないかと 心配しています。
いざという時は、たぶん決算内容があまりいい時ではないと思いますので、
そういう時にこそ融資をしてもらえるように日頃から銀行との間で何かして
おく ことはあるのでしょうか。

(K様)

【回答】

その銀行に対し、あなたの会社が受けている融資が、
1.全く融資を受けていない。
2.いくらか融資を受けている。
により、異なります。
1.全く融資を受けていない場合、おつきあい程度の融資を受けておいても
よいのではないでしょうか。5百万円~10百万円ぐらい。それは、返済実績
を作るという意味もあります。
2.いくらか融資を受けている場合、現在、全く融資を受ける必要がないの
に、融資を無理に受けることもありません。1ヶ月~3ヶ月に1回のペース
で、その銀行に試算表を提出し、銀行とは定期的にコミュニケーションを
とるようにしてください。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop