2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
コラム
  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > メルマガ読者とのQ&A
  4. > 親族借入金を増資に充てる効果

親族借入金を増資に充てる効果

2012年4月9日

質問

 現在10,000千円の資本金を、父から3,000千円借りているものを資本金に
充て、13,000千円に増資しようと思っています。
それは、いま交渉中の金融機関にとって(保証協会にとって)好ましいよう
に映る行為でしょうか?

(Y様)

回答

 親族からの借入金を資本金に組み入れるかどうかですが、
結論から申し上げますと、資本金に組み入れても今回の融資について、
それほど効果はありません。
まず、金融機関は御社から提出された決算書(貸借対照表)については、
現状の御社の事業内容に即したように再度評価を行ってます。
その過程で、親族からの借入については、金融機関は既に資本金とみなして
いる と思われます。
(金融検査マニュアル別冊(事例1)に類似の記載があります。)
http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/manual_yokin/bessatu/kensa01.html
もし、仮に、金融機関がこの点にみなしていないと思われる場合は、
増資をするのではなく、別途、疎明資料を作成されると良いでしょう。
なぜなら、資本金が10,000千円超になりますと、都道府県法人税の均等割り
も増加します。こちらは、今後御社の継続負担になりますので、この兼合い
も検討されるべきだからです。

銀行とのつきあい方

ご登録いただいた方には最新号を配信させていただきます。

銀行員の本音が分からない、なんで融資を断られるのか分からない、そんな中小企業の経営者、財務経理の担当者など、資金調達に悩んでいる方へ、資金調達方法、銀行とのつきあい方、銀行の内部事情を、元銀行員が教えます。

メールマガジンのお申し込み

金融機関紹介実績No1
支援機関
0120-316-071
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • 円滑な廃業
  • 建設業専門利益大幅向上コンサルティングサービス N-CAP
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • 会社概要
オンラインショップ

facebook

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop