2015年12月1日より株式会社フィナンシャル・インスティチュートは株式会社エクステンドに社名変更しました。

株式会社エクステンド

中小企業の事業承継・事業再生の
コンサルティングならエクステンドにおまかせ

株式会社エクステンド
  • 0120-316-071
  • お問い合わせ
  • 金融機関紹介実績No1
経営革新等支援機関
  1. ホーム
  2. > 事業承継をお考えの方
無料相談・お問い合わせ

経営戦略策定 経営管理戦略策定 タックスマネジメント 組織再編、M&A 事業資産承継 債務保証承継 M&A・MBO PEファンディング
経営戦略策定 経営管理戦略策定 タックスマネジメント 組織再編、M&A 事業資産承継 債務保証承継 M&A・MBO PEファンディング

経営承継支援

後継者への「経営」のスムーズな承継を目指し、
新経営体制における戦略策定をご支援します。

事業を親族内に承継する場合、2つの側面から考慮することが必要です。
経営権の承継と資産・負債(自社株式、事業用資産、債務保証等)の承継です。

経営権の承継支援では、経営戦略の策定を軸にビジネス・プロセス、経営インフラの環境を整え、その環境を内部から統制する経営管理戦略(規定、ルール)の明確化により現オーナーに依拠していたものを、次世代経営者(後継者)に明文化して引き継ぐための支援を行います。

この支援体制は、エクステンドが持つ現場からの豊富な事業再生ノウハウの保有が、経営承継診断・経営承継指導・経営指導を一貫して支援できる裏付けとなっています。

タックスマネジメント・組織再編・M&A

親族内承継の資産・負債(自社株式、事業用資産、債務保証等)の承継をワンストップでご支援致します。

事業を親族内に承継する場合、もう一つの側面は資産と負債を考慮することが必要です。
この承継には、自社株式、事業用資産、債務保証等があります。

自社株式の承継とは、現オーナー様の所有している株式を親族内の後継者に譲渡すことなのですが、慎重に検討することが、多々あります。

例えば
・株価の問題(タックスマネジメント)
・上記株価の問題とも連動いたしますが、資産管理会社を含む関連会社、関係会社の適切な設計
・承継を行うに当たり、整理すべき事業・企業の後継者への譲渡(組織再編、M&A)
・種類株を適用した現オーナーの適切な関与・影響力の設計
などです。

事業用資産の継承とは、例えば、その資産の一部が現オーナーの個人所有になっている場合が多くあり、このケースではどうしても後継者に移転させることが必要になります。
事業用資産が有る場合、その相続などで他の相続人が取得することになれば会社の運営が円滑に進まない可能性が生じます。
エクステンドは、この様な事態を未然に防ぎ、後継者を含めた他の相続人の皆様にも納得をしてもらえる承継をご提案、ご支援いたします。

最後に考えなければならない重要な問題として債務保証の継承があります。
多くの中堅・中小零細企業では現オーナーが銀行借入に対して連帯保証人になっています。
後継者が経営を承継することになっても一般的に銀行は現オーナーの保証を外してくれないばかりか、後継者にも連帯保証人を求めてきます。
後継者の立場からみると借入金が事業承継のネックとさえなります。
そこで、エクステンドでは経営者保証ガイドラインを活用し、これまでの事業再生ノウハウを駆使し承継前に資金繰りを改善させ、借入金が返済できるまでの業績の向上と会社の将来性を創り上げるご提案とサポートさせて頂きます。

いずれにしましても、重要なことは、現オーナーが健在である早期に承継を開始すること、そして、事業の成長に影響を与えず行うことです。そして、経営の承継と資産・負債の承継という両輪のバランスを取りながら行うことです。

エクステンドでは、親族内承継の経営の承継と資産(所有権)の承継をワンストップでご支援いたします。

その場合でも経営者保証ガイドランを活用し、後継者の連帯保証の軽減を金融機関と交渉いたします。

M&A・MBO・PEファンディング

豊富な事業再生で培ったコンサルティングノウハウをフル活用し、
企業を承継する幹部・従業員の教育・育成まで踏み込んだご支援が可能

●M&A

事業・企業の承継にあたり、親族内にその承継者がいない場合、第三者へ事業・企業へ承継することが可能です。

中小企業のM&Aは、“事業・企業を納得できる相手(第三者)に納得できる条件で承継すること”です。

エクステンドでは、赤字企業・債務超過企業、あるいは業種・規模に関わらず小規模企業・中小企業のM&Aに豊富な実績を持っています。
・事業、企業を全て第三者に譲渡する。
・一部の事業や不採算事業を第三者に譲渡する。
など、お客様のニーズと買い手様を勘案して、最適なM&Aスキームの決定と完了までをサポートいたします。

●MBO

また全くの第三者ではなく、親族外の経営幹部などに企業を譲渡することをMBOといいます。
MBOの大きな問題は、以下通りです。

・ 企業を承継させたい幹部・従業員に現オーナーの株式を買取る資金がない。
・ 債務保証の問題。
・ 企業を承継させたい幹部・従業員の経営力。

エクステンドでは、MBOによる自社株買取を金融機関と協議して、買取資金・債務保証の問題に関しても可能な限りご支援いたします。

また経営者保証ガイドラインを活用し、旧経営者様の債務保証の軽減を目指します。

さらに豊富な事業再生で培ったコンサルティングノウハウを活用して、企業を承継する幹部・従業員の教育・育成もご支援いたします。

●PEファンディング

なお、お客様、弊社が協議の上、双方にとってメリットがある判断した場合、エクステンド自らが、対象企業を譲り受ける(PEファンディング)場合もございます。

事業資産承継

会社の承継は経営権の移動(経営承継)であり、一般的に3つに大別されます。
①親族内承継 ②MBO(役員や社員への承継) ③M&A(会社の合併、買収)
しかし、経営権の承継ができればそれで全てが終わったわけではないのです。
その一方で資産の承継があるのです。
特に親族内承継では、自社株・不動産評価による相続税等の問題は必ず解決する必要があります。
エクステンドでは、経営権のスムーズな移動を支援する「経営承継」と資産を承継する「資産承継」の両輪を各専門のエキスパートが責任を持って解決し、次世代経営者に安心してバトンタッチができる承継サービスをご提供致します。

債務保証承継

親族内・親族外、いずれに承継する場合においても「経営者個人保証」が円滑な経営(事業)承継を妨げる場合があります。
このような背景の中、承継が円滑に行われる選択肢として期待されているのが「経営者保証ガイドライン」です。
金融庁、中小企業庁による各金融機関への要請のもと、同ガイドラインに則った対応が実施されており、今後も増加していく見通しです。
「経営者保証ガイドライン」の内容は、「経営者保証」に依存しない銀行融資や経営(事業)承継を実施しやすい環境づくりを推進していくことにあり、そのタイミングは保証契約時と債務整理時の2つがあります。
特に承継時においては、
「経営者保証」を提供しなくても、一定要件を満たすことで融資を受けることができる経営状態にする必要があり、又、保証契約後であっても、経営改善などが確認されれば“保証の見直し”がなされることもあります。
いずれにしましても、財務内容を含めた経営実態が良好でなければなりません。
エクステンドでこのように債務保証承継が円滑に移行できる為にも企業価値を高め事業継続が出来る「成長戦略」を立案するご支援を致します。

pagetoop
事業再生、事業承継、友好的M&A 〒105-0004 東京都港区新橋1-7-11 橋善ビル4階  
TEL:03-3575-5580 FAX:03-3575-5590
  
pagetop