コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行員が見る損益計算書のポイントその2

銀行員が見る損益計算書のポイントその2

銀行員が見る損益計算書のポイントその2

事業活動の結果として生じる「利益」、銀行はどのように利益を評価するのでしょうか。

利益を評価する基準は2つあります。一つは利益金額、もう一つは利益率です。

前期に比べて売上が増加していても、利益が横ばい、あるいは減少していれば、売り上げ増加分が全く利益に貢献していないことになり、意味がありません。

逆に、前期に比べて売上が減少していても、利益が増加していれば、不採算部門を切った、余分なコストを削減したなどの理由が考えられ、企業にとって好ましく、銀行は良い評価をします。

また、銀行は利益率を分解し、売上に対する売上総利益率、営業利益率、経常利益率、当期利益率を算出し、それぞれ、前期に比べてどうであったか、利益率上昇、あるいは低下の原因はどこにあるか、を分析します。

また、これらの利益率の中でも、銀行が一番重要視するのは、経常利益率です。経常利益は、企業が通常の事業活動で得た利益です。当期利益は、突発的なものである特別利益、特別損失などに左右されるため、銀行は当期利益よりも経常利益の方で企業を評価します。

銀行の行う「格付」においても、売上の大小・増減は関係してきません。たいていの銀行は売上に対する経常利益率を、企業を格付する際の一つの指標としています。

売上ももちろんですが、それよりも利益を、事業活動において重視するようにしましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう