コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > リスケジュールの要請は、おわびの気持ちを忘れずに

リスケジュールの要請は、おわびの気持ちを忘れずに

リスケジュールの要請は、おわびの気持ちを忘れずに

分割返済となっている融資の、返済方法を組み直すことを、リスケジュールと言います。

これは、銀行と契約している返済方法での返済が不可能となった企業が、銀行に要請して、行われます。例えば、毎月50万円の返済が厳しくなり、20万円にしてもらう、あるいはもっと資金繰りに厳しい企業は、返済をストップし、最終返済日に全額一括して返済する、というように、銀行に要請して、返済の組み直しをしてもらいます。

銀行は、リスケジュールを企業より要請されると、その企業を、かなり警戒するようになります。当初契約していた返済方法では返済ができなくなるということは、企業の業績が悪化しているということだからです。

リスケジュールは、一度行ってしまうと、銀行から融資を受けることはまずできなくなりますし、銀行の企業への警戒心を大きくさせることになり、安易に行うべきではありません。最終手段とするべきです。

しかし、どうしてもやむなく、リスケジュールを要請する場合があります。その場合、まずは銀行に、経営者からおわびの気持ちを示すことです。

融資は、企業と銀行の契約です。その契約が、どんな理由であれ守られなくなるということは、企業に非があります。銀行に、おわびの気持ちを示すことです。

そうせずに、開き直って、返せないんだから仕方がないんだ、ということを言う経営者や、貸す方が悪いと言う経営者なども中にはいますが、そうなると、銀行との関係がこじれるだけで、何も良いことはありません。こじれれば、リスケジュールの要請を銀行が断ったり、さらに延滞が発生する事態となると、銀行が融資を全額回収にはしったりします。いかに自分は悪くないと思えども、まずは銀行におわびすることです。

そうすれば、銀行も企業を支援するために、リスケジュールの要請を受けることになりやすくなります。リスケジュールを行い、その間に企業を建て直せばいいだけの話です。

しかし、リスケジュールは本当に最後の手段にしてください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう