コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > いくらまでなら借りられるのですか?

いくらまでなら借りられるのですか?

銀行に融資を申込むとき、よく「いくらまでなら借りられるのですか?」と聞く経営者・銀行担当者がいます。

 

しかし、いくらまでなら借りられる、というのは、銀行からしてみれば、この会社にならいくらまでなら融資をするか、ということです。実際、銀行ではこのように、この会社にならいくらまで融資をする、というような考え方はしていないのです。

 

当座貸越・商業手形割引・手形貸付であれば、極度額を設定し、その範囲内で反復、継続して融資をする、ということがありますが、これは、反復・継続して融資を利用する という前提で決められるもので、反復ではなく、単発の場合、この企業ならいくらまで融資をする、という考え方はしないのです。

 

よく私は、経営者等から、「うちの借入枠はいくら?」と聞かれるのですが、こう聞かれると困ってしまいます。融資先企業それぞれに、借入枠なんて決めていないからです 。

 

融資は枠ではなく、あくまで必要な金額を申込んでそれが通るか通らないか、です。

 

しかし、例えば5,000万円の融資を申込んで、審査が通らなかったから3,000万円で申込みし直す、というのはありだと思います。

 

融資を申込むとき、「いくらまでなら借りられる?」と聞くのはやめましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう