コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 支払利息を少なくするために

支払利息を少なくするために

支払利息を少なくするために

銀行が企業に融資をする際の貸出金利、これはビジネスローンでないかぎりは企業と銀行との交渉により、決定されます。

そのため、企業側は意識をもって金利交渉にのぞめば、少しでも低い金利にすることができ、支払利息を減らすことができます。

銀行側は、すでにこれ以上低い金利は適用できないと思って企業に金利を通知することもあれば、言い値で金利を企業に言う場合もあります。

そこで、銀行が企業に通知した金利をそのまま受け入れるのではなく、そこから少しでも低くすることができないか、交渉してみましょう。

あなたの会社が銀行からお金を借りてくださいと言ってくるような企業だったら、「他行はあなたの銀行よりもっと低い金利(具体的な数字まで出すと良い)を言ってくるよ」と言うことができます。

あなたの会社が業況に厳しい企業であったら、お願い口調でも「なんとか0.1%でも下げてもらうわけにはいかんだろうか」と言ってみることです。

また、銀行から融資を受ける際に、金利で少しでも粘る姿勢を見せておけば、その企業は「金利にうるさい企業」と銀行員は印象を持つことでしょう。そうしておくと、次の融資の時に銀行が提示する金利が多少低くなるかもしれません。

「あそこの会社は、社長が金利にうるさいから、あまり高い金利をふっかけることはできんなあ」これが銀行員の心理です。金利交渉で粘ることは、そういった効果もあるのです。

「ダメでもともと」の気持ちでもよいので、金利交渉にのぞんでください。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう