コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > 銀行に伝えた資金使途は守りましょう

銀行に伝えた資金使途は守りましょう

銀行に伝えた資金使途は守りましょう

銀行が企業に融資を実行するかどうか審査する時、常に意識していることがあります。

それは、

・資金は何に使うか

 例:運転資金・設備資金(設備資金であれば、内容を細かく聞かれます)

・どこから返済資金を持ってくるか

 例:運転資金の場合、売上金の回収により返済
   設備資金の場合、設備投資により増えたキャッシュフローから返済

・万一の場合、どうするか

 例:返済が不可能になった場合、担保物件を売却する

です。

その中で、銀行員が最も重視すること、それは

・資金は何に使うか

です。

なぜ、銀行員はわざわざ、企業が資金を何に使うのか、意識しなければならないのか。

それは、資金を何に使うか、知ることによって、どこから返済資金を持ってくるかが決まり、本当に返済してもらえるかが分かるからです。

資金を何に使うか、またどこから返済資金を持ってくるか、それが確実で納得できるものであれば、融資は返ってくると、銀行員は納得することができます。そうなれば、融資審査はだいぶ通りやすくなります。

ですから、融資を受けた企業が、銀行に伝えている、資金は何に使うか(これを資金使途と言います)を守らない場合、もしそれが銀行に分かってしまうと、その企業は信用を一気に失ってしまうことになります。場合によっては、すぐの一括返済を求められる場合もあります。

ただ、資金使途は運転資金と言っておいて、それを設備資金として使っても、銀行には分かりにくいです(逆はすぐ分かります)。しかし、設備資金はより長期で借りることが可能になるので、一概にそうした方がいいとは言えません。

銀行は、企業から伝えられていた資金使途がしっかり守られているか、意外と気をつけているものです。気をつけておきましょう。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう