コラム

  1. ホーム
  2. > コラム
  3. > 銀行とのつきあい方
  4. > カードは後のために残しておこう

カードは後のために残しておこう

融資は、無担保で受けられればよいのですが、なかなかそうはいかないものです。また担保を入れないまでも、定期預金の作成をお願いされたりと、融資を受けるに当たって銀行はいろいろな条件を付けてきます。

はじめから担保を入れることを銀行から言われているのでなければ、担保を入れること、定期作成等、融資申し込み時にこちらから提案する必要はありません。

そのような担保・定期作成などは、融資を受けるに当たって好材料となります。そのようなものは、いってみればトランプのカードみたいなものです。
カードは、後で活用するために残しておきましょう。

例えば、有担保が条件となっている融資でなければ、無担保で銀行に融資を申し込んでみて、融資を断られそうになったり、銀行が有担保、定期作成等を条件にしてきたときに、初めてそのようなことを行えばよいのです。またその時になってはじめて銀行にその提案をすればよいのです。はじめから担保を入れたり、定期を作成することを銀行に提案する必要はありません。

もしうまくいって、無担保で特に条件なく、融資を受けることができれば、今後その銀行で融資を受けようとするときや、別の銀行で融資を受けようとする時のために、担保、定期作成等を材料としてとっておくことが可能となります。

新商品のご案内

500社の面談相談実績を誇る元銀行員が教える「銀行とのつきあい方大全」全10巻シリーズ!豊富な実例に基づく解説だから体系的に実体を学べる!

→ 詳細・ご購入はこちら
金融機関紹介実績No1
支援機関
contents
  • 事業再生
  • M&A
  • よくある質問
  • 実際の事例集
  • オンラインショップ
  • 会社概要

facebook

一人で悩む経営者へ
後悔しない決断を一緒に見つけましょう